FC2ブログ

【医学的情報】ラザロ徴候

新体道って言うのを稽古しています。武道なんですが、要は体の学びです。
体について知っておくと便利なので、勉強しています。

くにたち稽古会ではこう言う事も、ちょこっとお話しする事があります。

☆✲ •*´¨`*•.¸¸.✲*•.¸¸☆•*´¨`*•.¸¸☆✲ •*´¨`*•.¸¸.✲*•.¸¸☆•*´¨`*•.¸¸☆
【医学的情報】ラザロ徴候

ラザロ徴候とは、異常肢位の一種である。イエス・キリストによって蘇生の奇跡を受けたと伝えられるキリスト教の聖人ラザロに因む。

概要
脳死とされた患者が、脳死判定時、あるいはその後において手足を動作させる現象である。

最も著名な症例は、脳死判定の最後において人工呼吸器の取り外しを行った際、患者の手足が動き、胸の前で手を合わせるような動作を行う、とされるものである。「祈るような」とも表現されるこの動作は1984年に報告された。
また、窒息を伴うような状況(首吊り自殺等)においても、場合によってはこの肢位となる、という報告もある。

この異常肢位が発生する理由についてはよく分かっていない。人工呼吸器の取り外しによって誘発されることから、低酸素状態における脊髄反射反応の一種であるとするのが現在のところ有力な説であるが、動作は反射と呼ぶにはあまりにもゆったりとしていて生々しい。具体的に低酸素によってどのような神経活動が起こるためにこの肢位になるのかについて合理的な説明がなく、説得力に欠ける、ともされている。

なお、脳死判定の際、最後の人工呼吸器を取り外す段になった際は、家族等に病室から退去して頂くことが推奨されている。ただでさえ呼吸器を外すという死を思わせる状況において、眼前でこの現象が発生した場合の家族心理への影響を配慮してのことである。また、この兆候の存在を以て、脳死は人の死ではない、と主張する意見もある。実際問題としてラザロ徴候発生時には血圧の上昇などもあるとされているが、発生するタイミングがタイミングであるという事情もあり、原因や真相は未だ不明である。

http://dic.nicovideo.jp/a/ラザロ徴候

☆~…*※☆☆~…*※☆☆~…*※☆


臓器移植に必要な臓器を摘出する時に起きるので、これを防ぐのに麻酔をかけるんですが、このあたりいろいろ問題を含んでいるようです。

麻酔を掛けずに摘出手術を行おうとして、遺体が暴れる様に動いたなんて話も聞きます。

☆✲ •*´¨`*•.¸¸.✲*•.¸¸☆•*´¨`*•.¸¸☆✲ •*´¨`*•.¸¸.✲*•.¸¸☆•*´¨`*•.¸¸☆

【臓器提供の意思表示をしている医師は3割 - メドピア】

メドピアは2012年12月14日~20日にかけて、同社が運営する医師専用のインターネットサイト「MedPeer」で「臓器提供の意志表示」に関する調査を実施した。有効回答数は3,077件。

「臓器提供の意思表示をしているか?」と尋ねたところ、「していない」が70%、「している」が30%だった。意思表示している割合を見ると、20代がトップで45.4%、次は30代(36.5%)だった。40代から60代以上は、約25%となっている。

意思表示していると回答した人からは、「移植後の患者のQOL(生活の質)が向上していることを知り、臓器提供の意思を強くした」「再生医療が確立されるまで臓器移植は必要」「医師として人間として最期にできる人命救助」といった声が寄せられた。

一方、意思表示をしていないと回答した人からは、「家族に反対された」「年齢や持病に問題があり、(臓器提供の)対象にならないため」「移植医療は過渡的な医療で本来あるべき姿ではない」「臓器提供する組織的体制が不十分」などのコメントがあった。

http://news.mynavi.jp/news/2013/01/10/068/index.html
☆~…*※☆☆~…*※☆☆~…*※☆

私は、臓器移植についてもっといろいろ考え、議論すべきだと思っています。
現実が先走りすぎてる気がするんです。

☆~…*※☆☆~…*※☆☆~…*※☆
国立稽古会は、
木曜日 19時~20時45分

国立駅より徒歩7~8分ほど。

南口を出てロータリーから「あさひ通り」を歩いてください。コンビニエンスストアの角を左に曲がります。左手のスポーツジム、カラオケ屋さん、右手に見えるNTTを過ぎてさらに進み、皮膚科を過ぎると、「東地域防災センター」の縦看板が腰ぐらいの高さに見えます。そこを右手に入って奥「東地域防災センター」こちらの2階を主にお借りしています。

くにたち



※注意※会場は変わることがあります。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


 三鷹稽古会は、
月曜日 19時~20時45分

三鷹駅より徒歩5分ほど、南口を出て「風の散歩道」を歩いてください。フランス料理店を過ぎ、骨董品屋さんの手前を右に曲がります。左手に見える「沙羅舎」こちらの地下「舞遊空間」をお借りしています。
http://sarasya.mall.mitaka.ne.jp/


さらしゃ




…………………………
新体道・東京西地区新体道連盟
~武道・瞑想・滝行~
曽根田 敦志 SONEDA Atsushi
ホームページです。
http://www.shintaido-jin.com/
!! twitter !! follow me!
http://twitter.com/shintaidojin
!【新体道人】で検索してください!
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

calligraphyshintaido
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

新体道人

Author:新体道人
ブログ本編はこちら! 
http://ameblo.jp/shintaidojin/         
【新体道人】で検索してください




※新体道とは
武道家・青木宏之によって創始された、真の人間性復興、天地人と自分との一体の境地を獲得するための、武道を超えた、新時代の武道。

★※*…~…*※☆
今年は変革の年なんだそうですねぇ。そう言った波の一つなのかtwitterが大流行! 英語に継いで日本語でのつぶやきが2番目に多いんだそうですよ!

そんなことで、私も初めてみました!

主に、創始者・青木宏之の著書からの抜粋です。武道・体技・滝行・瞑想を深める意味深い言葉が多くありますよ!
(関係ないことも時々つぶやいたりしますが…)

・http://twitter.com/shintaidojin

Follow me!!

●月曜日(新体道武道クラス)
18時~19時(子供クラス)
19時~20時45分(大人クラス)
三鷹・沙羅舎地下 舞遊空間三鷹市下連雀3-1-24
指導・号令 曽根田敦志



●木曜日(健康体操・杖術・剣術クラス)
18時~19時(子供クラス)←新規開講 !!
19時~20時45分(大人クラス)
国立・東地域防災センター国立市東1-13-13
指導・号令 曽根田敦志

※月曜日・木曜日指定の月謝会員の皆様へ。
会場都合、主催者都合でお休みとなった場合、月曜日、木曜日への振り替えが可能です。どうぞお問い合わせください。 

●号令者 
曽根田敦志(新体道正指導員・新体道空手弐段・新体道棒術弐段・高齢者向け新体道講師)
曽根田圭子(新体道正指導員・新体道一般科講師)

●稽古は年齢、性別、経験の有無を問わず誰でも参加できます。
健康法・能力開発に最適です。
天真柔操、心身開発体操、杖体操、栄光、天真五相、瞑想組手、空手などを稽古しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新体道・東京西地区新体道連盟
     ~武道・瞑想・滝行~
曽根田 敦志 SONEDA Atsushi
ホームページです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ブログ本編はこちらです! 
http://ameblo.jp/shintaidojin/         
【新体道人】で検索してください!

滝行参加のみなさんからの感想はmixiコミュニティー
      「新体道・新体道東京西地区新体道連盟」
からもご覧いただけます。
         
 http://mixi.jp/view_community.pl?id=3443417

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新体道
東京西地区新体道連盟
~武道・瞑想・滝行~

shintaidojin#hotmail.co.jp(スパム対策に@を#に変えてあります)
ホームページです。
http://www.geocities.jp/shintaidojin/
【新体道人】で検索してください!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

air_rank_20090214141038.gif
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ホームページはこちら
新体道人!
">shintaidojin[2]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleリンクsidetitle