FC2ブログ

【健康情報】不整脈

新体道って言うのを稽古しています。武道なんですが、要は体の学びです。
体について知っておくと便利なので、勉強しています。

くにたち稽古会ではこう言う事も、ちょこっとお話しする事があります。

☆✲ •*´¨`*•.¸¸.✲*•.¸¸☆•*´¨`*•.¸¸☆✲ •*´¨`*•.¸¸.✲*•.¸¸☆•*´¨`*•.¸¸☆
【健康情報】不整脈

自律神経の興奮、虚血性心疾患および他の心臓の病気によって心筋の電気系統に異常が生じ、脈が乱れるのが「不整脈」です。不整脈は、「徐脈性不整脈」と「頻脈性不整脈」の二つに大きく分かれます。

★頻脈とは?
頻脈とは脈が速くなる不整脈で、通常1分間の脈拍が120回以上、多い時には400回にも達します。脈拍が速すぎると、心臓は血液を効率的に送り出すことができなくなり、あまり速すぎると、心拍が速すぎて心臓がカラ打ちし、心臓から全身へ全く血液を送れない状態(心停止発作)に至ることもまれではありません。頻脈には、心房で起こる上室性頻脈と心室で起こる心室性頻脈があります。

原因
一般的には頻脈の原因として、以下のようなものがあります。

高血圧など心臓に関連する疾患
狭心症、心筋梗塞などの冠動脈疾患(アテローム性動脈硬化症)、心臓弁膜症、心不全、心筋症などの心筋疾患(先天性心疾患)、または感染症による心筋への血流低下
甲状腺疾患、ある種の肺疾患、電解質異常、アルコール依存または薬物乱用など
心理的ストレスまたはアルコールやカフェイン入り飲料の大量摂取

症状
頻脈の症状には、以下のようなものがあります。

脈の乱れの自覚
息切れ
動悸(心臓がドキドキする感じ)
めまい
立ちくらみ
突然の虚脱感
失神
けんれんを伴う失神
発症しやすい人は?
以下に当てはまる場合、頻脈を発症するリスクが高くなります。

冠動脈疾患(アテローム性動脈硬化症)
心不全(心臓のポンプ機能の低下)
心臓発作(心筋梗塞)
先天性心疾患
炎症性または変性心疾患
慢性肺疾患


★徐脈とは?
徐脈は脈が遅くなる不整脈で、通常1分間の脈拍が60回未満になることを言います。脈拍が少ないため、心臓は日常生活や運動に必要な酸素を体中に行き渡らせることができません。このため、めまいや息切れを起こすのです。

原因
一般的な徐脈の原因には、以下のようなものがあります。

遺伝性心異常
何らかの疾患または心疾患に対する薬物治療の影響または副作用
自然な老化現象
心臓発作(心筋梗塞)による組織変化(瘢痕組織)によるもの
洞不全症候群
心臓にもともと備わっている洞結節という部位の機能が正常に機能しなくなった状態を洞機能不全と言います。

洞房ブロックまたは房室ブロック
心臓の中の電気刺激の伝導が障害されているとき「ブロック」と呼びます。洞結節と心房の間の伝導障害を洞房ブロック、心房と心室の間の伝導障害を房室ブロックと言います。

症状
徐脈の症状には、めまい、失神、過度の疲労感、息切れなどがあります。

不整脈を発症しやすい人は?
以下に当てはまる場合、発症するリスクが高くなります。

何らか心疾患を持っている
脈拍に影響する何らかの薬を服用している
65歳以上である(高齢である)
心臓の手術を受けたことがある
運動不足
ストレスが多い
不規則な生活をしている

✲ •*´¨`*•.¸¸.✲*•.¸¸☆•*´¨`*•.¸¸

規則的な生活と、適度な運動がまず必要ですね。


☆✲ •*´¨`*•.¸¸.✲*•.¸¸☆•*´¨`*•.¸¸☆✲ •*´¨`*•.¸¸.✲*•.¸¸☆•*´¨`*•.¸¸☆
☆~…*※☆☆~…*※☆☆~…*※☆

国立稽古会は、
木曜日 19時~20時45分

国立駅より徒歩7~8分ほど。

南口を出てロータリーから「あさひ通り」を歩いてください。コンビニエンスストアの角を左に曲がります。左手のスポーツジム、カラオケ屋さん、右手に見えるNTTを過ぎてさらに進み、皮膚科を過ぎると、「東地域防災センター」の縦看板が腰ぐらいの高さに見えます。そこを右手に入って奥「東地域防災センター」こちらの2階を主にお借りしています。

くにたち



※注意※会場は変わることがあります。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


 三鷹稽古会は、
月曜日 19時~20時45分

三鷹駅より徒歩5分ほど、南口を出て「風の散歩道」を歩いてください。フランス料理店を過ぎ、骨董品屋さんの手前を右に曲がります。左手に見える「沙羅舎」こちらの地下「舞遊空間」をお借りしています。
http://sarasya.mall.mitaka.ne.jp/


さらしゃ




…………………………
新体道・東京西地区新体道連盟
~武道・瞑想・滝行~
曽根田 敦志 SONEDA Atsushi
ホームページです。
http://www.shintaido-jin.com/
!! twitter !! follow me!
http://twitter.com/shintaidojin
!【新体道人】で検索してください!
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


スポンサーサイト

【健康情報】牛乳は本当に「健康によい」のか?

新体道って言うのを稽古しています。武道なんですが、要は体の学びです。
体について知っておくと便利なので、勉強しています。

くにたち稽古会ではこう言う事も、ちょこっとお話しする事があります。

☆✲ •*´¨`*•.¸¸.✲*•.¸¸☆•*´¨`*•.¸¸☆✲ •*´¨`*•.¸¸.✲*•.¸¸☆•*´¨`*•.¸¸☆
【健康情報】【 牛乳は本当に「健康によい」のか?】

ホノルル大学客員教授 久間 英一郎

中高年の方の食養相談に乗っていて、「牛乳」に対する錯覚(牛乳は、飲めば飲むほど健康によい)がひどく、これは健康上、憂々しきことですので今回はこの問題について書きます。

この錯覚はどこから来たのか。戦後のアメリカの占領政策(日本にパン食を定着させてアメリカの小麦を売りたい)に端を発しています。パン食に味噌汁は合いませんので必然的にパンには牛乳ということになります。

また、「牛乳は完全食品だから健康によい」と学校給食に取り入れられたり、保健所・医師がこぞって勧めるに到ってからは、日本人は、「牛乳=カルシウム(完全食品)=骨(健康)」という公式がマインドコントロールされてしまったのです。

結論からいってこれは正しくない。宮崎大学教授、島田彰夫氏はいう。「牛乳は栄養価の高い?完全食品?とよくいわれますが、それは間違いですね。子牛にとっては完全食品でも、離乳期を過ぎた大人の日本人には一切の乳製品は不要です。」

確かに、牛乳は子牛(生まれた時約50kg)がわずか2~3年で成牛(400~1000kg)になるのに必要な完全栄養食品です。この牛にとって完全食品を人が摂るとどうなるか。
一言でいうと、「早熟」と「早老」をもたらす。体は早く大きくなるが様々な病気にかかりやすくなるのです。

具体的にいうと、牛乳に含まれる乳糖は、ラクターゼという分解酵素によって分解されるのですが、このラクターゼが日本人を含むアジア人、アフリカ人などの場合、離乳期以降は分泌されなくなるのです。「分解酵素がないのに牛乳を飲み続けるとどうなるか。乳類に含まれているカルシウムが吸収できないだけでなく、他の食品から摂取したカルシウムを体外へ排せつしてしまうというデータがすでに1960年代に報告されています。」(島田教授)

つまり、骨を強くしようとして飲んだ牛乳が逆効果になるというのです。これには牛乳に多く含まれているリン(母乳の6倍)が深くかかわっているといいます。リンは食品の酸性度を示す指標になっているくらいですから、アルカリの指標となっているカルシウムを奪い骨を弱めることは容易に理解できるところです。

日本綜合医学会永世会長の沼田勇博士は別の視点から牛乳と骨の関係について説明します。「牛乳はビタミンCを弱める。ビタミンCは骨を健康に保つコラーゲンの合成に不可欠。従って牛乳は骨を弱めるのです。」実際、世界一牛乳を飲んでいるノルウェーの骨折率は日本の5倍といわれています。

次に牛乳に含まれる脂肪の質が問題です。牛乳の脂肪は、ほとんどが飽和脂肪酸(コレステロールを増やす)であり、これが動脈硬化、心臓病、脳卒中等の原因になりやすくなります。

他にも牛乳は、白内障、糖尿病、鉄欠乏性貧血、視力低下、虫歯(歯並び)、自閉症などと深い関係があることが発表されています。国際自然医学会会長、森下敬一博士は、「牛乳は腸(血)を汚しガンをつくる」といっています。

現代栄養学、医学的手法で分析する所では確かに牛乳には高い栄養成分が含まれており、食糧難の時には大いに意味がありますが、今日のように食があふれる状況下では飲み過ぎると体内でマイナスに働く両刃の剣でもあることをよく承知して、元気な人でも一日200ccまで、そうでない方は、その半分以下にして欲しいものです。

原文はこちらから
http://www.ps-corp.co.jp/column/health/n015.html

✲ •*´¨`*•.¸¸.✲*•.¸¸☆•*´¨`*•.¸¸

牛乳は日本人には合わなそうですね


☆✲ •*´¨`*•.¸¸.✲*•.¸¸☆•*´¨`*•.¸¸☆✲ •*´¨`*•.¸¸.✲*•.¸¸☆•*´¨`*•.¸¸☆
☆~…*※☆☆~…*※☆☆~…*※☆

国立稽古会は、
木曜日 19時~20時45分

国立駅より徒歩7~8分ほど。

南口を出てロータリーから「あさひ通り」を歩いてください。コンビニエンスストアの角を左に曲がります。左手のスポーツジム、カラオケ屋さん、右手に見えるNTTを過ぎてさらに進み、皮膚科を過ぎると、「東地域防災センター」の縦看板が腰ぐらいの高さに見えます。そこを右手に入って奥「東地域防災センター」こちらの2階を主にお借りしています。

くにたち



※注意※会場は変わることがあります。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


 三鷹稽古会は、
月曜日 19時~20時45分

三鷹駅より徒歩5分ほど、南口を出て「風の散歩道」を歩いてください。フランス料理店を過ぎ、骨董品屋さんの手前を右に曲がります。左手に見える「沙羅舎」こちらの地下「舞遊空間」をお借りしています。
http://sarasya.mall.mitaka.ne.jp/


さらしゃ




…………………………
新体道・東京西地区新体道連盟
~武道・瞑想・滝行~
曽根田 敦志 SONEDA Atsushi
ホームページです。
http://www.shintaido-jin.com/
!! twitter !! follow me!
http://twitter.com/shintaidojin
!【新体道人】で検索してください!
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


sidetitleプロフィールsidetitle

新体道人

Author:新体道人
ブログ本編はこちら! 
http://ameblo.jp/shintaidojin/         
【新体道人】で検索してください




※新体道とは
武道家・青木宏之によって創始された、真の人間性復興、天地人と自分との一体の境地を獲得するための、武道を超えた、新時代の武道。

★※*…~…*※☆
今年は変革の年なんだそうですねぇ。そう言った波の一つなのかtwitterが大流行! 英語に継いで日本語でのつぶやきが2番目に多いんだそうですよ!

そんなことで、私も初めてみました!

主に、創始者・青木宏之の著書からの抜粋です。武道・体技・滝行・瞑想を深める意味深い言葉が多くありますよ!
(関係ないことも時々つぶやいたりしますが…)

・http://twitter.com/shintaidojin

Follow me!!

●月曜日(新体道武道クラス)
18時~19時(子供クラス)
19時~20時45分(大人クラス)
三鷹・沙羅舎地下 舞遊空間三鷹市下連雀3-1-24
指導・号令 曽根田敦志



●木曜日(健康体操・杖術・剣術クラス)
18時~19時(子供クラス)←新規開講 !!
19時~20時45分(大人クラス)
国立・東地域防災センター国立市東1-13-13
指導・号令 曽根田敦志

※月曜日・木曜日指定の月謝会員の皆様へ。
会場都合、主催者都合でお休みとなった場合、月曜日、木曜日への振り替えが可能です。どうぞお問い合わせください。 

●号令者 
曽根田敦志(新体道正指導員・新体道空手弐段・新体道棒術弐段・高齢者向け新体道講師)
曽根田圭子(新体道正指導員・新体道一般科講師)

●稽古は年齢、性別、経験の有無を問わず誰でも参加できます。
健康法・能力開発に最適です。
天真柔操、心身開発体操、杖体操、栄光、天真五相、瞑想組手、空手などを稽古しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新体道・東京西地区新体道連盟
     ~武道・瞑想・滝行~
曽根田 敦志 SONEDA Atsushi
ホームページです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ブログ本編はこちらです! 
http://ameblo.jp/shintaidojin/         
【新体道人】で検索してください!

滝行参加のみなさんからの感想はmixiコミュニティー
      「新体道・新体道東京西地区新体道連盟」
からもご覧いただけます。
         
 http://mixi.jp/view_community.pl?id=3443417

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新体道
東京西地区新体道連盟
~武道・瞑想・滝行~

shintaidojin#hotmail.co.jp(スパム対策に@を#に変えてあります)
ホームページです。
http://www.geocities.jp/shintaidojin/
【新体道人】で検索してください!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

air_rank_20090214141038.gif
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ホームページはこちら
新体道人!
">shintaidojin[2]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleリンクsidetitle