FC2ブログ

【くにたち稽古会】剣先から見えるもの

木曜日はくにたち稽古会でした。

今回も剣術です。

新体道は、剣を使った瞑想法があります。証光そして天相。もちろんこの二つ、剣を使わなくても出来ますし、効果という点では引けをとりません。

でも、私は剣を持って行うこの二つの瞑想法が大好きです。特に天相を夜空に向かって行う時の、気持ちよさと、恐ろしさは喩えようがありません。

「え?」と思われた方もいらっしゃると思います。「天相」空に向かって剣を突き立てて、真上の天空の深い部分を体全体で見るような体勢の「天相」も瞑想法なの? って。

もちろん、瞑想法です。

天相をきちんとやると、集中→統一→観照→覚醒とこういう風に「体が」勝手に手順を踏んでくれるのです。瞑想でしょ?

まあ、結跏趺坐(胡坐の難しいやつ)していませんし、体を柔らかくしようとする習慣が無い人には「きつい」ですしね。

時々気になるのは、瞑想が好きです。とおっしゃる方の中に、ものすごく固定観念の強い方がいて、「天相」を「こんなの瞑想じゃない!」なんて思う方もいるようでです。

瞑想法は自分にあったものをやってゆくと、いろんなことが起きます。こういうことをあんまり書くと、怒る方もいるんですけど、、、

まず、いろんな円滑現象がおきます。いろんなことが、なんとなくうまく行くようになります。体にエネルギーが満ち溢れたような状態になります。まあこのくらいにしておきましょうか。あり過ぎて書けませんから(笑)

新体道には多くの瞑想法があります

代表的な十種類の瞑想法をはじめ、ヒプノティックなもの、人生を円滑にするためのもの。精神を拡大させてゆくもの、動くもの、遠隔ヒーリングを目的とするもの。そして剣や棒を使うもの。

その中から何か一つ選んで、とりあえず3週間やってみたらどうでしょうか? 人生が大きく変わるのを感じるでしょうから。

~稽古内容~
天真柔操
剣を持ってごろごろ転がる
大上段スクワット(4分の1)
歩きながら腰開き
一人ワカメ
証光
天相
上げ下ろし
栄光(大)(歩いて)
栄光(正)大上段斬りこみ
剣術第1ヶ条
栄光(正)大上段斬りこみ


air_rank_20090214141038.gif
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ホームページはこちら
新体道人!
shintaidojin[2]
スポンサーサイト



【ほびっとむら】決めない、決まらない

水曜日は、ほびっと村稽古会でした。

ここの所、参加される人数が増えてきた「ほびっと村」ですが、こちらの稽古会の最大の特徴は、

来る人が決まっていないこと

私の主催する他の稽古会や、NPO新体道の本部クラス、またあちこちにある新体道の同好会などと違って、メンバーが固定していません。

はなはだしい場合は、「全員初体験!!」なんてこともあります。

当然稽古の年間スケジュールはおろか、毎回の稽古の予定も立てられません。

毎回、毎回が本当に真剣勝負で、メンバーが固定すると陥りがちな「馴れ合い稽古」なんて絶対に出来ません。

稽古の始めには、すっかり自分をクリアにして「今何をすべきか?」に集中しなければなりません。

だから絶対に同じ稽古にはならないし、出来ません。

もうまさしく、インスピレーションのままに稽古を生み出してゆくのです。こんなことを繰り返してきました。

そしたらね、最近不思議なんです。

天真柔操が終わって、重心がすっかり落ちきった時、稽古のアイデアがぱん、ぱん。ぱん! って、どかっからやってくるんです。

で、その通りにするとね、例えば目の前の人の人生のテーマに沿った稽古の内容だったり、その人にとっては嫌いな稽古や苦手な稽古でも、とても必要な稽古だったり、と… こんなことが、起こるんです。

そのおかげで、最近はあんまりごちゃごちゃ考えないで、す~って言う感じで稽古に取り組めるんです。

「自信は無いんだけど、自信があります」みたいななんだか不思議な稽古内容です。

今回もあんな展開になるなんて、思ってもいませんでした(笑)

~稽古内容~
天真柔操
ジャンプの時の足裏の使い方解説
無相拳・無相蹴り
同上を自由に
開掌拳で左右に斬る(大立ち左右ステップ)
集団栄光(大)による斬りあい(歩いて)
天相(アの発声)
正立位・重心降下法瞑想
天真五相(正)
天真五相(大)
正立位・重心降下法瞑想
瞑想組み手ワカメ体操
大妙第一部
二人組み体ほぐし


air_rank_20090214141038.gif
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ホームページはこちら
新体道人!
shintaidojin[2]

【本部稽古】くにゃくにゃのくたくた。

火曜日はNPO新体道本部棒術クラスで号令です。

今回は、ちょっと棒術の稽古場としては天井が低いかな~という場所でした。

でも、やります。やりますよ。だって棒は自由ですから! 何でもかんでも大きく動きゃあいってもんじゃありません。

今回のテーマも前回と同じく「龍飛」

龍は(想像上の生き物ですけど)とても体がくねくねしています。このくねくね感が大事なんですね。

前回の棒術の日記にも書きましたが、とても防御の色合いが濃い技です。そっくりそのまま攻撃ににもなるという点で、棒術の特色が出ています。

そのときにも、やっぱり「くねくねした体」が重要なんです。

くねくねした体にはどういう特徴があるかといえば、柔らかいということがあります。当たり前ですがこれ大事。

一本の棒が突っ立ていれば倒れるだけですが、くねくねしてれば、復元も、そのままねっころがるのも自由自在です。

次にいろんな方向に変化する。ということが言えます。体の動きが、ここは右だけれど、こっちは左なんてことが起きます。これが一本の棒だとすると、一方向にしか動けません。言ってみれば変化が自在で、スキがない。

そのほかにもありますが…

くねくねした体が、受け技をそのまま攻撃技に変えてくれます。

ですから、まあ力を抜いていかなきゃいけないです。入れようにも入らない体になってもらうんです。

くにゃくにゃのくたくた。

今回も、そんな体を目指して稽古をはじめました。

~稽古内容~
天真柔操(号令・ベアトリス)
基本立ちジャンプ3種
無相拳
無相蹴り
無相拳・無相蹴りを自由に
連続前蹴り(立)
同上   (座)
横になってリラックス
天真五相
瞑想組み手ワカメ体操
同上・棒を持って
持ち替え(騎馬立ち)
龍飛(騎馬立ち)
基本の立ち方確認(閉足立ち~不動立ち)
双手突き
龍飛(ステップ)
突き×龍飛 組み棒
双手突き(気合)
創営組み棒・龍飛変化による(号令・大井秀樹首席師範)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6月・7月の滝行は…

☆6月27日(土)、28日(日)木曽新滝滝行!!
☆7月浅間大滝滝行は25日(土)、26(日)に変更になりました!

☆7月28日(火)、夕日の滝日帰り滝行を開催いたします! 平日しか… 泊まりはちょっと… と言う方はどうぞこの7月という絶好の機会にご参加ください!

★:*!梅雨の木曽新滝滝行開催のお知らせ!*:☆

6月27日、28日、木曽新滝滝行合宿を行います!
皆さんのご参加をお待ちしております。最高の滝の中で、最高の自分に出会いましょう! なお、一日のみの参加も歓迎いたします。ご相談ください。

○場所 木曽新滝 宿(大又山荘 http://www.ontake.net/)  
○実技 入滝2回(予定)、新体道実技2回
○参加費    初参加 4万円
          経験者 3万5千円

○お申し込み、お問い合わせ …追加募集決定!!

6月25日までに曽根田まで
詳細はホームページをご参照ください!。
http://www.geocities.jp/shintaidojin/
【新体道人】で検索してください!

【三鷹稽古会】天真五相は何のため?

月曜日は三鷹稽古会です。

最近、蒸しますねぇ。だんだん夏っぽくなってきました。動くと汗が出ます。汗にはいろんな機能があって、汗をかくことは本来とても重要なことです。

場合によっては汗をかくことで、体内に蓄積した毒を排出する、解毒に近いことをしている場合があるそうです。

ところで以前、天真五相や栄光には解毒作用がある。というようなことを聞いたことがあります。もちろん私が医学的な裏づけを取ったわけでは無いので、「天真五相でデトックス」なんて言えるわけではありません。

でも、良い型は体を正常にし、四肢をより良く発達させる働きがあることを思えば、天真五相・栄光のデトックス効果を私は否定できません。
まあ、もっともこの辺りだけを宣伝すると誇大広告と言われかねませんので、このくらいにしておきます。

過去何回も書きましたがこの天真五相は、沢山の空手の型を収集・研究した新体道創始者・青木宏之先生の集大成といえるものです。ですからそこから空手の技が抽出できるわけです。

今回稽古したのは「地の型」。

新体道空手の組み手における一大基本です。「ちょっとだけケンカに強くなりたい」なんていうなら、もうこれだけやっておけば大丈夫でしょう。

型の構成は簡単です。相手が中段、おなかですね、これを「不動立ち前進・中段本突き」と言って、一歩出ながらまっすぐ突いてきます。

相手が突いてきた腕を、天真五相「エ」の応用で、下段払いという腕を大きくなぎ払う技でもって払いながら、天真五相「オ」の終末部分の応用でアゴを突き上げます。

文字だけだとわかりづらいですけど(笑)

武道の約束組み手としては単純な部類です。でもこの中には、意識を読み合うことや、力の加減、力の方向、中心の捕らえ方、崩し方いろんな学びがあるのです。

見た目ちょっと「こわーい」雰囲気があるこの組み手、実はとっても味わい深いのです。

でも、それもこれも、「空手の型としての天真五相があったればこそ」だと私は思うのです。

~稽古内容~
天真柔操
無相拳・無相蹴り
無相拳応用横蹴り
横蹴り
騎馬立ち中段本突き
不動立ち前進中段本突き
天真五相(正)
天真五相(大)
天真五相変化(片手づつずらして)
地の型・一人型(天真五相応用、開掌拳)
同上(正拳・自強拳)
地の型・組み手
天真五相

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6月・7月の滝行は…

☆6月27日(土)、28日(日)木曽新滝滝行!!
☆7月浅間大滝滝行は25日(土)、26(日)に変更になりました!

☆7月28日(火)、夕日の滝日帰り滝行を開催いたします! 平日しか… 泊まりはちょっと… と言う方はどうぞこの7月という絶好の機会にご参加ください!

★:*!梅雨の木曽新滝滝行開催のお知らせ!*:☆

6月27日、28日、木曽新滝滝行合宿を行います!
皆さんのご参加をお待ちしております。最高の滝の中で、最高の自分に出会いましょう! なお、一日のみの参加も歓迎いたします。ご相談ください。

○場所 木曽新滝 宿(大又山荘 http://www.ontake.net/)  
○実技 入滝2回(予定)、新体道実技2回
○参加費    初参加 4万円
          経験者 3万5千円

○お申し込み、お問い合わせ …追加募集決定!!

6月25日までに曽根田まで
詳細はホームページをご参照ください!。
http://www.geocities.jp/shintaidojin/
【新体道人】で検索してください!

【仙川稽古会】歴史を知って

日曜日は仙川稽古会です。

今回もお話をしてから稽古を始めるつもりでした…

それなりに用意したんですが…

成り行きで、新体道が生まれるまで、というか創始者・青木宏之師の話をしてしまいました(汗)30分も…

青木宏之師は昭和11年の生まれです。造船がお仕事のお父さんと、とても明るい優しいお母さんの間に生まれました。

ところが、おりしも世界は世界大戦へと突き進んでいたのです。ちょうど小学校ですね、空襲が激しくなり、新潟や湯河原といったところに疎開しては戻るということが繰り返されます。

米軍による無差別な爆弾投下は、当時自宅があった横浜も戦火に巻き込みます。

こんな中、お母さんと身重のお姉さん、そして弟さんが空襲で亡くなります。お父さんは、ご自分で薪を集めて荼毘にふしたといいますから、現在に生きる我々からすると、ちょっと想像できない厳しさです。

そう言った、生と死の現場に居たことは、後の新体道思想が出来上がって行くのに大きな影響を与えたはずです。

戦争が終わって成長するにしたがって、キリスト教との出会いがあります。信仰を持っている人の強さを見て、とても感銘を受けたようです。これが高校生の頃。キリスト教的世界観はとても新体道に影響を与えています。

話は前後するんですけど、後にキリスト教系の新宗教が入ってきたころ、とても真面目な信仰団体だと思った青木師は、ちょっとお話を聞きに行ったそうです。でも… 雰囲気が変なのと、「今、断食をしている」と講演をしていた牧師? が焼肉屋から満足げな顔で出てきて(笑)、もう関わるのはやめたそうです。

当時の、いや今も?(笑)青木師は本当に真面目で、熱心にキリスト教を信仰していたんです、そりゃあ許せませんねぇ。でも焼肉って… すごいよねぇ。断食どころか、肉バリバリ食ってんだもん。(爆笑)

まあとにかく大学に入って、空手部に入部します。で、あれやこれやあったあと、松涛会の江上先師にであって、それこそコペルニクス的転回というか、ヘッドスピニング(両足で空を蹴る)的転回で、これまでの空手じゃあなくなって行きます。

キリスト教と江上先師のもたらした空手と瞑想が、やがて新体道を生み出す礎になったのです。

まあこんな感じです。

青木師はなんだかんだ言っても、昔の話を良くしてくださいます。いろんな理由があるのでしょうけれど、こう言った背景があるんだよ~ということを知っているかいないかでもう、新体道全体に対する理解度が変わって来ます。

だから、ちょっとね… 長めのお話でした

~稽古内容~
お話~新体道の歴史
天真柔操
北辰呼吸法を単独
抱天呼吸法を単独
一人ワカメ
大妙第三部
瞑想(シンギングボウルを使って)
天真五相


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6月・7月の滝行は…

☆6月27日(土)、28日(日)木曽新滝滝行!!
☆7月浅間大滝滝行は25日(土)、26(日)に変更になりました!

☆7月28日(火)、夕日の滝日帰り滝行を開催いたします! 平日しか… 泊まりはちょっと… と言う方はどうぞこの7月という絶好の機会にご参加ください!

★:*!梅雨の木曽新滝滝行開催のお知らせ!*:☆

6月27日、28日、木曽新滝滝行合宿を行います!
皆さんのご参加をお待ちしております。最高の滝の中で、最高の自分に出会いましょう! なお、一日のみの参加も歓迎いたします。ご相談ください。

○場所 木曽新滝 宿(大又山荘 http://www.ontake.net/)  
○実技 入滝2回(予定)、新体道実技2回
○参加費    初参加 4万円
          経験者 3万5千円

○お申し込み、お問い合わせ …追加募集決定!!

6月25日までに曽根田まで
詳細はホームページをご参照ください!。
http://www.geocities.jp/shintaidojin/
【新体道人】で検索してください!

【滝行賛歌】目

出張指導が終わり、所用を済ませたその足で滝へ向かうことにした。日がまだ高い。季節の移り変わりを感じる。

休憩宿の文覚荘に連絡を取る。

なじみの声が聞こえた。風呂と休憩の予約をしJR御殿場線山北駅から、歩いた。すうっと視線が伸びる。

滝行をすると自然に天の運行、自然の移り変わりを感じるようになる。

特に新体道・天真流滝行はより強く感じさせてくれるようだ。その秘密の一つに目の使い方がある。

人は都会生活をしていると、自分の近くを見ることが多くなる。視点が近く、視野が狭くなる。これを新体道では「視線が近い」と表現する。

ここに、さまざまな武道・芸道・瞑想の極意であることを我々は知らない。否、やたらと難しいことばかり考えて、こんな簡単な事に極意があることを認めたがらない。

文覚荘から、滝へ向かう。天真柔操を軽く行う、目線はさらに遠く、自分と周囲の自然との垣根は無くなって行く。

滝へ向かう、崩落が激しい。「年内で限界では無いか?」と滝行の関係者からの声が届いたが、さもありなんと思う。

儀式。礼をし、マントラ、般若心経へと高まり、天真五相、栄光である。

一気に滝の芯へ、一切の衣類を脱ぎ捨てて行く。護るものは、布一枚も無い。一切を棄てるべく入滝した。

だが棄てきれない自分が居た。全身を見渡す、ふと気づいた、足の裏に力が入っている。足の裏の力を抜いた時、ふと滝の中、視線が遠くなった。

少しの力みがあればそれは「棄てていない」ということだ。「全て棄てたが、これが棄てれていない、あれが棄てれていない」というのは「棄てていない」ということだ。空っぽのコップに一滴でも水があれば、それは空っぽではない。

足の裏の力みが、一切捨を阻んでいた。そしてそれは私の場合、目と連動していた。

滝から出て、体を拭き、宿へ。風呂に入る。窓から山が見え、緑が強烈に目に飛び込んでくる。これは滝行後いつも起こることだ。

風呂から出て、体も落ち着いたころ、遠い景色を眺められるところで開眼の瞑想をした。

ただただ、視線を遠くに、、、、、

空っぽが訪れた

ぽかん

それだけだ。それ以外は無い。

滝行がくれた、最高の空っぽだった。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6月・7月の滝行は…

☆6月27日(土)、28日(日)木曽新滝滝行!!
☆7月浅間大滝滝行は25日(土)、26(日)に変更になりました!

☆7月28日(火)、夕日の滝日帰り滝行を開催いたします! 平日しか… 泊まりはちょっと… と言う方はどうぞこの7月という絶好の機会にご参加ください!

★:*!梅雨の木曽新滝滝行開催のお知らせ!*:☆

6月27日、28日、木曽新滝滝行合宿を行います!
皆さんのご参加をお待ちしております。最高の滝の中で、最高の自分に出会いましょう! なお、一日のみの参加も歓迎いたします。ご相談ください。

○場所 木曽新滝 宿(大又山荘 http://www.ontake.net/)  
○実技 入滝2回(予定)、新体道実技2回
○参加費    初参加 4万円
          経験者 3万5千円

○お申し込み、お問い合わせ …追加募集決定!!

6月25日までに曽根田まで
詳細はホームページをご参照ください!。
http://www.geocities.jp/shintaidojin/
【新体道人】で検索してください!

【出張指導】与えたもうもの

金曜日は富士山のふもとに出張指導だった。

こちらには将来人を導く立場になる方々が、研修として住み込み、修行し研鑽を積んでいる。

月に一度、その研修のお手伝いをしている。

今回は午前は棒術、午後は大妙がテーマだった。

この団体に入るのは険しい道のりの選択といえるかも知れない。

これまでの生活が激変するのだから。

研修期間2年間のプログラムのうち、断食もあり、滝行もある、当然新体道もだ。こちらで行う新体道は厳しい、激しい…

怪我こそさせはしないが、稽古が近づくと、皆顔にべったりと緊張の色が張り付く。

そんな中に、飛び込む。勇気が要ったことだろう。

そんな彼らだが残念ながら、なかなか最初は新体道になじめない、声が出せない、足が動かない。体が開かない。

しかし、だ。

新体道の体系は膨大である。激しい稽古から穏やかな稽古まで。武道から癒しまで。

大妙という型がある。

新体道創始者・青木宏之師が作った新体道の型における最高傑作とも言えるものだ。

この型の妙味を感じるのは、疲れきった者、体力の無い者、心が繊細すぎる者、年老いた者であることが多い。大妙第一部は、源流を辿れば500年以上の歴史を持つ「空手の型」のエッセンスである。

午後の稽古でのこと。

今回のもう一つの課題である、メリハリ、激しい号令の稽古の後、大妙第一部の稽古に入る。

ある研修生に起きたことだ。武道の稽古と同じく、なかなか手順を覚えられない。しかし様子が違う。

混乱して覚えられないのではない、大妙の型に入り、第一挙動「観気」をしている最中にもう既に瞑想状態に入っているのだ、天地の気を体に感じ受け入れている。

これは女性には間々見られることだが、男性では珍しいといえるかもしれない。

天の配剤は平等である。

たとえ武道はうまく行かなくとも、彼の大妙第一部に対する適性は頭抜けている。

彼はこの素晴らしい才能を、これからどのように開花させて行くのだろう。

~稽古内容~
《午前》 
天真柔操
棒術「用意~構え」練習
持ち替え
上げ下ろし
証光(アの発声で)
栄光(大)
不動立ち前進大上段打ち下ろし
大上段打ち下ろし(大)
組み棒・大上段打ち下ろし×一文字受け
同上 (大)
大上段打ち下ろし

《午後》
天真柔操
天真柔操詳解
意識と力のボディーテスト
大妙第一部(観気~砕山)
天真五相



air_rank_20090214141038.gif
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ホームページはこちら
新体道人!
shintaidojin[2]

【くにたち稽古会】夜空に剣を

木曜日はくにたち稽古会でした。

ここんところ剣術です。なぜか?

ええ! 前にも書きましたけどね、趣味ですよ! 私のね!!!!!

だって気持ちよいんだもん、剣を持ってね、夜空に突き立てて、天相して御覧なさい、もうねものすごいですよ! なんだか安っぽい瞑想なるものが流行ってますけどね! そんなものおっつかないですよ。天相はね、凄いんだから!

瞑想、瞑想なんて言って自分の内側を見るのに一生懸命な人にはもうね絶対やってもらいたいです! 「上げ下ろし」とかね! 外で「栄光(大)とかね!

もうね、思うんですよ。

世の中のね、やたらと瞑想にこだわる人がもう、人間的なスケールが小さくて小さくて、話をしてると、息が詰まるんですわ。

そんないつもいつも、自分て言う小さな窓から、自分を見たらね、その小さな窓から見た自分しか見えませんわ、ねぇ、もう! いい加減になさい! 世界も、あなた自身もあなたが考えるよりも、認識できている範囲よりも広いの! 広いんです! と~っても!!

大きく開け放ってね、空を見て御覧なさいよ! 無限です! 本当のね! 目線を遠く! 大きくデス!

無限を知ってそうして、自分の無限を見て御覧なさいよ! そうして初めて、自分が無限であって、無限が自分だって知るんです!

それが、新体道の剣術!!

~稽古内容~
天真柔操
持ち替え
大上段スクワット(4分の1)
上げ下ろし
証光
栄光(大)(歩いて)
ステップ1則
証光で歩く
ステップ1~8則
剣術第6ヶ条
大上段斬り下ろし(ア・エイ!の発声で)



air_rank_20090214141038.gif
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ホームページはこちら
新体道人!
shintaidojin[2]

【滝行賛歌】~天相・18

皆さんが滝から出た、そのあとに私も入滝する。諸手を揚げる。皆さんの滝行の余韻を楽しむ。

今回の滝行も得るものが多かった。いくつかの疑問に答えが与えられた。さまざまな思いが去来するが、諸手を揚げた時、ハタと消える。

我々が万能視しがちな「思考」が消える瞬間。

ただ、滝の音、衝撃だけが体の中で響き、その響きは内側の宇宙に響き続ける。音はやがて耳に聞こえる音ではなくなり、音であったものは空間として内面に響き続け、広がり続ける。

無音の音は、内面の虚空に広がり、虚空そのものとして広がる

無音の音として生まれ広がる虚空は、やがて我々が外と呼ぶ世界とつながり、一体となる。

一体となる時我々は、自己存在なるものが事の始めから存在していないことを体で知る。

その戦慄の時を我々の魂は求めていた、その答えの影がこの「思考が消える瞬間」にこそある。

我々が「思考」だと思うもの。それは、外界からの刺激に対する単なる反応でしかない。

純粋な思考とは起こるものであり、それは時に気づきと言われる。

人間にとっての極限を滝は与えてくれる。ゆえに滝行は我々に「無」を与えてくれる。この無こそが我々が帰る場所であり、来た場所でもある。

永遠の一瞬を味わい、私はゆっくり滝を出た。そして、あまりに実り多い今回の滝行にただただ感謝した。

そして滝の外一人、天相をした。

森から覗く空はただただ青かった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6月・7月の滝行は…

☆6月27日(土)、28日(日)木曽新滝滝行!!
☆7月浅間大滝滝行は25日(土)、26(日)に変更になりました!

☆7月28日(火)、夕日の滝日帰り滝行を開催いたします! 平日しか… 泊まりはちょっと… と言う方はどうぞこの7月という絶好の機会にご参加ください!

★:*!梅雨の木曽新滝滝行開催のお知らせ!*:☆

6月27日、28日、木曽新滝滝行合宿を行います!
皆さんのご参加をお待ちしております。最高の滝の中で、最高の自分に出会いましょう! なお、一日のみの参加も歓迎いたします。ご相談ください。

○場所 木曽新滝 宿(大又山荘 http://www.ontake.net/)  
○実技 入滝2回(予定)、新体道実技2回
○参加費    初参加 4万円
          経験者 3万5千円

○お申し込み、お問い合わせ 6月20日までに曽根田まで
詳細はホームページをご参照ください!。
http://www.geocities.jp/shintaidojin/
【新体道人】で検索してください!

【ほびっとむら】愛

水曜日はホビット村稽古会です。

今回は、ちょっと面白いボディーテストをしてから稽古をはじめました。まあ、ボディーテストは所詮ボディーテストなんで、「絶対」ではないんですけれども…

簡単なんです、新体道には練気組み手と言うのがあるんですが、これを使います。今回は、お互いに手刀を立てて、手首を触れ合わせて押し合う組み手を使いました。

本当はね、頑張っちゃいけません、力で押し合いへし合いするもんじゃ無いんですけど。今日はちょっと頑張ります。

その時に自分に向かって2種類の言葉をいいます。

一つは何でも良いですネガティブな言葉。もう一つは「愛してる」。自分に向かってですよ! 自分に!

するとね、面白いんですけど、「愛してる」って自分に向かって言うとちょっとだけ頑張れる。体が統一して強くなるんです。

どう思います? 信じられませんか? 信じられないなら、自分でやってみれば良いです。だいたい7~8割は自分に向かって「愛してる」って言った方が体が強く、柔軟になるんです。絶対にそうなるとは言えないけれど、統計とったら優位な結果が出ると思います。

だからね、私思うんです。

強く生きたいなら、自分のことを本当に愛さなくちゃって。

まずは心なんかこもっていなくても良いから、自分に向かって「愛してる」って言ってみるんです。そうするとね、きっと体は強くなって、強くたくましく生きられるんじゃないかって。

~稽古内容~
天真柔操
言葉と体のボディーテスト
自由にジャンプ⇔ほぐす
瞑想組み手ワカメ体操
統一基本技組み手 大上段斬り込み×中段斬り込み
大妙第一部より養神



air_rank_20090214141038.gif
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ホームページはこちら
新体道人!
shintaidojin[2]

【本部稽古】龍が飛んでくる~

火曜日はNPO新体道本部・棒術クラスで号令でした。

空を見たら飛行機雲。だから、今回は龍飛をやろう! そう決めて稽古場に向かったのです。いやね、別に稽古内容をいい加減にしてるわけじゃないですよ(汗)やらなきゃあいけないんだから、必ず!

でまあ稽古場です。

稽古をリードする号令者にはいろんなタイプがあって、稽古の前に瞑想する人もいるし稽古する人もいる。私は稽古する人です。

さんざ汗をかいて、体を使わないと、新体道稽古に必要なインスピレーションが沸きにくいんですねぇ

ですから、6尺棒二本持って型をやったり、基本をやったり、組棒やったり、うきゃ~なんて暴れます(笑)

そうすると、力が抜けて良い感じです。龍飛ですが、これは受け技としての正確が非常に強いもので、しかも全身の柔らかさが必要とされる技なんですね。

もう本当に、龍のように前進がくねくね動かないと、突いてきた棒、打ってきた棒と正面衝突してしまいます。

でね、面白いんですが、全身がくねくね動くと、棒もくねくね動き出すんです。これ不思議!

で、しかも今回の稽古の最後に全員一列になって、連続で一人の人を棒で突いて、それを龍飛で捌くお稽古したんですけど、

この時の様子はまるで、巨大な龍と小さな龍がくねくね動いて遊んでいるようでした。

龍を、龍が龍飛で捌いている、そんな不思議な、でも何か原始のお祭りのようなお稽古でした。

~稽古内容~
天真柔操(ベアトリス)
自由にジャンプほぐす
ジャグラ棒(バランス)
瞑想ジャンプ組棒
連続前蹴り(座)
瞑想組み手ワカメ体操
キャッチ棒
持ち替え
騎馬立ち龍飛
不動立ち前進双手突き
突き×龍飛
同上(全員の連続の突きを龍飛で捌く)



air_rank_20090214141038.gif
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ホームページはこちら
新体道人!
shintaidojin[2]

【三鷹稽古会】現代人のためのムドラー

月曜日は三鷹稽古会でした。

今回のお題は「天真五相」「大妙」でした。

というのも呼吸法の型を、三鷹稽古会ではあまりやってこなかったからです。新体道にはあまり「呼吸法だけ」を稽古するということはありません。

もっとも、天真五相や栄光と言う型は発声をともなうので、そっくりそのまま呼吸法でもあるんですが… 

そんなつもりで始めた稽古ですが、稽古は水物、変化するもの。

天真五相を深める稽古をしたら、それだけで時間が過ぎてしまいました… それだけ天真五相は内容が深く豊かだということなんですが…

天真五相は空手の型に対する研究と印・ムドラーの研究成果が多く組み込まれている型です。

新体道を作る過程で、創始者・青木宏之師は多くの仏像を研究したそうです。手の形、姿勢をものすごく研究したそうです。というのも、一般に印(いん)と呼ばれるこの手の形は、秘伝としてその意味が公開されることはありません。自分で研究する以外無いのです。

苦心惨憺して、効果はそのままに、副作用!?をなくしたのが天真五相だと言っても良いでしょう。副作用と書きましたけれど、「印」には強い効果がある反面、ものすごく怖いところもあって「印には深入りするな」と青木師も警告しているくらいです。

わざわざ危ない橋を渡る必要はありません。私たちには天真五相があるのですから。

~稽古内容~
天真柔操
印・ムドラー・天真五相のボディーテスト
開脚前進(大)
天真五相
不動立ち前進天真五相
天真五相(両腕のリズムを変えて)
大妙第一部
重心降下法瞑想


air_rank_20090214141038.gif
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ホームページはこちら
新体道人!
shintaidojin[2]

【滝行賛歌】~天相・17

先に入滝していた女性が、諸手を揚げる。天相である。

「天相」この、崇高にして、愚かしく、スキだらけでありながら、無敵の構え。新体道二大基本、栄光・天真五相に含まれるこの姿勢は、滝行の極意的な姿勢である。

完全な降参、謙虚、献身。

そしてふとその腕を下ろした時、我が目を疑うほどに彼女は滝と一体となり、その気配を消してしまった。気をつけて見ていなければ、見失うほどに…

と、その頃である。後ろで入滝していた男性の呼吸がみるみる落ち着いてゆく。共鳴現象が起きていた。

男性が天真五相を行う、すると女性の気配が消えてゆく、さらに男性の呼吸が落ち着く。本人たちは全く意識すらしていない。しかし明らかに共鳴している。

この時彼の中で奇妙なことが起きていた。天真五相をするのだが、その初発の動き「ア」の時である。大きく開いて天相に向かう、この動きの中、彼は自分の腕が上に引っ張られるような奇妙な感覚を抱いていた。

このときの彼の感覚は、天相を本当の天相たらしめる秘訣と言ってもおかしくは無い感覚だった。滝は彼に「天相」の秘鍵を教えてしまった。

男性の体が滝の中明らかに活性化し、瞑想状態に入った時、女性が出てきた。彼女は、完全に滝行における自分のリズムとペースを自覚していた。

そして、滝の中「我々が既に愛されている存在であること」を「我々が常に護られている存在であること」を知ったと言う。

やがて男性も滝から出てきた。滝の中で感じた「一切感謝」の思いと共に。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6月・7月の滝行は…

☆6月27日(土)、28日(日)木曽新滝滝行!!
☆7月浅間大滝滝行は25日(土)、26(日)に変更になりました!

☆7月28日(火)、夕日の滝日帰り滝行を開催いたします! 平日しか… 泊まりはちょっと… と言う方はどうぞこの7月という絶好の機会にご参加ください!

★:*!梅雨の木曽新滝滝行開催のお知らせ!*:☆

6月27日、28日、木曽新滝滝行合宿を行います!
皆さんのご参加をお待ちしております。最高の滝の中で、最高の自分に出会いましょう! なお、一日のみの参加も歓迎いたします。ご相談ください。

○場所 木曽新滝 宿(大又山荘 http://www.ontake.net/)  
○実技 入滝2回(予定)、新体道実技2回
○参加費    初参加 4万円
          経験者 3万5千円

○お申し込み、お問い合わせ 6月20日までに曽根田まで
詳細はホームページをご参照ください!。
http://www.geocities.jp/shintaidojin/
【新体道人】で検索してください!

【仙川稽古会】柔らかな風の中で

日曜日は仙川稽古会でした。

今回も川のほとりの公園で、講義&体操&瞑想です。静かに、緩やかに風が流れています。

講義なんて書くと偉そうですけど、新体道をより深く理解してもらいたいので、かなり突っ込んだところまでお話させていただいているんで、勘弁してください。

新体道を理解しようとすると、どうしても宗教的な表現を借りたほうがお話しやすいんです。それにはやっぱり、勉強しておかないと、宗教との境界線を越えてしまって宗教そのものみたいな誤解を受けてしまいます。説明のしかたが大事です。

でも、宗教も、武道もまあ究極的に目指すところは同じだと思うし、芸術的な表現もやがて同じようなところに行き着くように思いますから、あまり区別をつけようと、こだわる必要も無いんですけど。

で、今回のお題は、「自然法爾」「随流去」「真我」の用語の説明。

特に「真我」は誤解されやすい言葉ですから、充分な勉強が必要ですし、その用語解説にとらわれないことも重要です。

「自分で解説しながら、解説にとらわれるな! とはこれいかに?」と思われますけど、これはもうしょうがないです。

「真我」の性質? から言って、固定した説明がとても難しいのです。ごくごく簡単に「人の本質」と言ってしまえば簡単ですが…

ところでこの「真我」に出会うというか、理解するというか、まあ経験するのにはやはり瞑想が重要になります。特に「空っぽ」になるというか「空っぽである」ことを知ることによって成就します。ある種「天にお任せ」になることが重要です。

ここまで書いて、新体道をやったことがある人は「ピン!」と来たかもしれません。

新体道2大基本「天真五相」「栄光」の最初の部分、ウンからアと発声して体を開いてゆく部分がまさしくこれなんですね。

新体道は瞑想を重視しますけれど、それと同時に新体道の基本の技を行うことでやがて「真我」に出会うのです。

まあ、こんなこともお話しながら日曜の時間は過ぎて行くのです。

~稽古内容~
お話(体の浄化・食、真我、自然法爾、随流去)
天真柔操
瞑想組み手ワカメ体操
瞑想組み手光と戯れる
新体道十位瞑想法から無相位~照世位
立位照世位瞑想
風通しの良い体を感じる瞑想


air_rank_20090214141038.gif
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ホームページはこちら
新体道人!
shintaidojin[2]

【くにたち稽古会】スターウォーズ・ちゃんばら

木曜日はくにたち稽古会でした。

先日稽古に参加した方が稽古に見えました。面接試験を控えて、新体道の稽古でもう少し流れを変えたい、と言っていました。

で、その翌日面接試験だったわけですが… 結果は?

上々!! もう、試験官と仲良くお話をしてしまったようです(笑)

これも新体道のおかげ! と私は言いたいのですが、やはり本人のがんばり、性格のよさが試験を良い方向に導いたのでしょう。本当に良かった。この場を借りて

おめでとう!

で、今回の稽古会も「剣術」。なぜ?

趣味です(笑)

誰の?

いや、まあ、私の。(爆笑)

もうね、趣味なんです! 私がやりたいんだから、やる! 悪いかっ!?

もうね、開き直ってますけど。

今回、型としては剣術・第七か条。剣術や剣道をやった方はわかると思いますが、まあ言って見れば、野球のバットを構えるようにしたところから始まる型です。

これ結構難しい。足運びやら腰の動きやら、いろいろ注文の付け所があるものですから… でもね、今回は皆さん男性。言ってみれば男の子なんです。やあ、やっぱり男の子はちゃんばらが好きなんですねぇ(笑)

その後、剣を使ったワカメ体操から、剣を使った交互ワカメ体操に入ると、柔らか、ゆっくりな「ちゃんばら」になってしまいます。(笑)凄く自由で安全なちゃんばらです。でも目線・視点は遠く大きく!

笑いながら、緩めながら、大きく斬りあうんですね。

この様子を、文頭に出てきた方がこう表現しました

「FREEDOM スターウォーズ・ちゃんばら」(大爆笑)

いや良いですよね。これ、凄く本質を突いてます。

新体道から名前を変えようかな? なんて一瞬思いました(笑)

~稽古内容~
天真柔操
3人一組ほぐしあい(腰を中心に)
自由にジャンプ
ステップ8則
剣術・七か条(正)単独
同上 組太刀
剣術 七か条(大)単独
瞑想組み手ワカメ体操(剣を使って)
同上 交互
栄光(正)大上段斬りこみ
重心降下法瞑想



air_rank_20090214141038.gif
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ホームページはこちら
新体道人!
shintaidojin[2]

【滝行賛歌】~天相・16

二人の女性が滝の中に在る姿を、次に入る方々が見ていた。

美しい

人が力まず、あるがままの姿であることがどれだけ美しいか? 次に入る予定の女性は、あまりの美しさに陶然としていた。

先に入っていた70歳代の女性が滝から出てきた。いつものペースで。

良く考えて見ればよい。常識的なこの年齢の女性が、滝に打たれ、さらに自分の足で滝を出てさらに、岩場を歩き、冷えが襲う前に自分の手で着替える。これだけでも充分な奇跡である。

継いで、一緒に滝に入っていた女性が出てきた。

この女性が入っている様子を写した写真が後日出来上がってきた。ある方はこの写真を見て、

「なんて多くの存在に護られているのだろう」

と語った。

その語るところの真実を推し量るのは難しいが、この日の姿はそう言わせるだけのものがあった。

次の入滝となる女性が私の横に来た。

一礼をし滝へ、なぜか彼女の体に滝の水が当たってもあまり水しぶきが上がらない。

入滝時に力みかえっていると多く水が弾かれる。人間の体というのは不思議なものだ。

一度岩に腰掛け、そして腰まで水に浸かり滝の水をその身に受けていた。

この時既に滝と一体であった。

この様子を見届け、次の入滝となる男性を呼んだ。

奇跡は終わらない。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6月・7月の滝行は…

☆6月27日(土)、28日(日)木曽新滝滝行!!
☆7月浅間大滝滝行は25日(土)、26(日)に変更になりました!

☆7月28日(火)、夕日の滝日帰り滝行を開催いたします! 平日しか… 泊まりはちょっと… と言う方はどうぞこの7月という絶好の機会にご参加ください!

★:*!梅雨の木曽新滝滝行開催のお知らせ!*:☆

6月27日、28日、木曽新滝滝行合宿を行います!
皆さんのご参加をお待ちしております。最高の滝の中で、最高の自分に出会いましょう! なお、一日のみの参加も歓迎いたします。ご相談ください。

○場所 木曽新滝 宿(大又山荘 http://www.ontake.net/)  
○実技 入滝2回(予定)、新体道実技2回
○参加費    初参加 4万円
          経験者 3万5千円

○お申し込み、お問い合わせ 6月20日までに曽根田まで
詳細はホームページをご参照ください!。
http://www.geocities.jp/shintaidojin/
【新体道人】で検索してください!

【滝行賛歌】~天相・15

儀式は進む。一気に吹き抜けるために。

天真五相、栄光へと続く。

儀式、これをバカにする人は多い。しかし、世界の真実、人間の心の裏と表、強さ弱さをわずかでも垣間見た時。その重要性に気づく。

選ばれた言葉、選ばれた動き、選ばれた手順これらが人の意識を変える。

だからこそ私は儀式を行う。

そして、一人目の入滝。

70歳の女性。会社経営者。私は思う、女性の入滝姿から学ぶことは多い、本当に多い。女性独特の姿、柔らかさ、抜け。力みがちな男性にはなかなかマネが出来ない。

時折、男性の真似をして力んで滝に入る女性がいるが、全く無駄である。またそういう姿から学ぶものは無い。

要は何も考えず、自分の生命の働きを信じて滝に入れば良いのだが、男性の真似をして、力みかえって、気合を入れて滝に入るようなことをすると、生命の働きが覆い隠される。そんな滝行に何の意味があるのか…

いま私の前で滝の中ににいる女性は、既に70歳を越えている。

しかし、まさしく女性である。

この柔らかさは、私が望むもの。この柔らかさこそが生命を輝かせる、とさえ思う。

滝の中で、この柔らかいエネルギーが拡大しているような気がした。もしかなうならこの恩恵を受けていただきたい。

次の入滝者を呼ぶ、40歳代の女性。

入滝場所を指定するか?
自由にしていただくか?

一瞬で判断する。

最初の入滝箇所は案内することにした。関わり過ぎないように、しかし周囲の恩恵を受けられるようにと願いながら。

ざああああああああ

落ちる滝の水の音の中、座っていただく。後は自由だ。鋭敏な思考を持つこの方は、静かに変化を見つめ、柔らかく滝の中に居た。

静けさと柔らかさ。

力んで滝と闘うような滝行者が、一生得られない境地に彼女は、たった三回の滝行でたどり着いてしまった…

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6月・7月の滝行は…

☆6月27日(土)、28日(日)木曽新滝滝行!!
☆7月浅間大滝滝行は25日(土)、26(日)に変更になりました!

☆7月28日(火)、夕日の滝日帰り滝行を開催いたします! 平日しか… 泊まりはちょっと… と言う方はどうぞこの7月という絶好の機会にご参加ください!

★:*!梅雨の木曽新滝滝行開催のお知らせ!*:☆

6月27日、28日、木曽新滝滝行合宿を行います!
皆さんのご参加をお待ちしております。最高の滝の中で、最高の自分に出会いましょう! なお、一日のみの参加も歓迎いたします。ご相談ください。

○場所 木曽新滝 宿(大又山荘 http://www.ontake.net/)  
○実技 入滝2回(予定)、新体道実技2回
○参加費    初参加 4万円
          経験者 3万5千円

○お申し込み、お問い合わせ 6月20日までに曽根田まで
詳細はホームページをご参照ください!。
http://www.geocities.jp/shintaidojin/
【新体道人】で検索してください!

【滝行賛歌】~天相・14

夜寝る前に天気予報を見る。

いずれにせよ天候は崩れるとのことだった。妻は所用があり、朝早く帰ってしまう。

もうここまで来たらどうしようも無い。いくつかの対応策を記憶にとどめ、休む。

セットした目覚まし時計の10分前に目が覚める。

笑ってしまった。

晴れている。

もちろん快晴ではない、しかし雲間から青空が覗いている。気温も上がっていく、天気予報は大はずれだ。

文覚荘の入り口に集まり、車に乗り込む。妻の見送りを受けつつ滝へ。

しばらくして滝付近の駐車場に着くと、蝶が舞っていた。

森の中を歩く。確かに昨日よりは気温は低い。しかし私の中に不安は無かった。後ろを確認しつつ歩く、皆手をとり、荷物を持ち合う。

滝場へ着いた。

皆さんの表情を見渡す、入滝順序の最終決定である。この入滝順序が一つの肝である。

今回の滝行で、自分の感覚、そして皆さんの証言。いくつかの写真から、滝の中でも、人と人はエネルギーを交換し合い、意識も無意識も無く、助け合っていることが実感された。

単独入滝の凄みは確かにあるが、複数入滝の時のさまざまに動く「モノ」のダイナミズムは、まさしくイノチと、イノチの交歓の様であり、イノチが、その花を開かせるイノチの賛歌そのものものである。

単独で滝に打たれる姿は素晴らしいが、複数での入滝は効果と言う点で素晴らしいものがある。

だからこその入滝順序であり、人の配置である。

滝行を行う者は一匹狼を気取っていないで、滝行においても、生活においても大いにひとと交わるべきだ。

朝の木漏れ日の中、儀式は始まった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6月・7月の滝行は…

☆6月27日(土)、28日(日)木曽新滝滝行!!
☆7月浅間大滝滝行は25日(土)、26(日)に変更になりました!

☆7月28日(火)、夕日の滝日帰り滝行を開催いたします! 平日しか… 泊まりはちょっと… と言う方はどうぞこの7月という絶好の機会にご参加ください!

★:*!梅雨の木曽新滝滝行開催のお知らせ!*:☆

6月27日、28日、木曽新滝滝行合宿を行います!
皆さんのご参加をお待ちしております。最高の滝の中で、最高の自分に出会いましょう! なお、一日のみの参加も歓迎いたします。ご相談ください。

○場所 木曽新滝 宿(大又山荘 http://www.ontake.net/)  
○実技 入滝2回(予定)、新体道実技2回
○参加費    初参加 4万円
          経験者 3万5千円

○お申し込み、お問い合わせ 6月20日までに曽根田まで
詳細はホームページをご参照ください!。
http://www.geocities.jp/shintaidojin/
【新体道人】で検索してください!

【ほびっとむら】獲得せよ!

水曜日はほびっと村稽古会でした。

今回のお題は「大妙」。

大妙は以前も書きましたが、3部構成の型で、エネルギー獲得法、能力開発法、瞑想法から成り立つ型/練習法です。

体力が無い人でも、新体道の真髄が感じられるようにと作られたもので、新体道の「型」の中でも抜群に完成度の高いものです。

特に今回行ったのはエネルギー獲得法である第一部。

と言うのも、今回鍼灸師の方が稽古に見えたのですが、ちょっとお疲れの様子。

これはもう、是非この型をやらねば!! と思いました。

現代人は、いろんな理由でエネルギーの循環が悪くなっているものです。不必要なエネルギーが体に渦巻き、必要なエネルギーが足りないなんて状況です。

まずは、体を動きで持ってほぐして循環を良くして、こもっているエネルギーや感情を放出します。この時、声を出しても良いし、「おなら」や「げっぷ」したって良いんですよ。

実はこの部分がとても大事なんです。本当にいらないエネルギーを放出しないと、本当に必要なエネルギーは入ってきません。出来るだけ「空っぽ」に近い状況が好ましいのです。

空っぽになるために新体道は「何でもあり」なんです。何やっても良い。もちろん、人の迷惑にならないようにしないといけませんから、私のような号令者が稽古をナビゲートするんですけど。

この空っぽになった時「大妙・第一部」を行うと、ものすごいエネルギーが入ってくるのが実感されます。

例えば「掌がびりびりする」なんてことが起きるんです。

この大妙でエネルギーを獲得して、新たな気持ちで、仕事に、生活に向かう。そうやって自己実現してゆければ、新体道の稽古をしていただいた価値があるってものです。

~稽古内容~
天真柔操
大妙・第一部
無相蹴り
四肢振り
大気舞
瞑想組み手ワカメ体操
同上 1対3(一列になって)
大妙・第一部
天真五相
重心降下法瞑想


air_rank_20090214141038.gif
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ホームページはこちら
新体道人!
shintaidojin[2]

【滝行賛歌】~天相・13

宿・文覚荘に帰り着いた。
http://www.mongakusou.mkwk.net:15080/index.html
手分けして、衣類を洗い、足袋、わらじを洗う。

体が冷えすぎ無いように、手早く風呂へと向かう。滝行に向くように風呂の温度を調整してくれている。非常に有り難い心遣い。

じっくりと風呂に入る。風呂に浸かりながら、半ば瞑想状態となる。去来するさまざまなビジョン。

またこの時ほど、滝の中で起きたことを聞き出すのに丁度良い時間は無い。記憶が活性化され。参加された皆さんの見た、さまざまなビジョンを知ることが出来る。

一休みの後、食事となる。この時大抵は皆さん非常に饒舌となる。脳内のさまざまな情報が、一気になだれを打つごとく口から飛び出してくる。

この食事の時間は、格好の学びの時間だとも言える。自分が主催者だからと、話を止めてはいけない。皆さんの専門の深い知識、知恵を知ることが出来るのだから。

今回も前回と同じく、「食事」についての話が深かった。これほどの話を聞くことは滅多なことでは出来ない。滝行の効果の一端でもある。

そして、夜のミーティング。

今回行ったのは「賞賛の瞑想」

これは、新体道創始者・青木師が瞑想の勉強会で披露してくれたものだが、「人生に良い波を呼ぶ瞑想」でもあり「再生の瞑想」でもあり、「関係性の学びの瞑想」でもある。さまざまな気づきを得られるようにパッケージされている。

さらに、お互いに体をほぐしあい、ゆるめあい、夜は更けて行った。



★:*!梅雨の木曽新滝滝行開催のお知らせ!*:☆

6月27日、28日、木曽新滝滝行合宿を行います!
皆さんのご参加をお待ちしております。最高の滝の中で、最高の自分に出会いましょう! なお、一日のみの参加も歓迎いたします。ご相談ください。

○場所 木曽新滝 宿(大又山荘 http://www.ontake.net/)  
○実技 入滝2回(予定)、新体道実技2回
○参加費    初参加 4万円
          経験者 3万5千円

○お申し込み、お問い合わせ 6月20日までに曽根田まで
詳細はホームページをご参照ください!。
http://www.geocities.jp/shintaidojin/
【新体道人】で検索してください!

【本部稽古】構えの大事

火曜日はNPO新体道本部・棒術クラスで号令でした。

今回のテーマは主に「用意~構え」までの習得・整理と「下段払い」の稽古です。

新体道本科・空手には基本的には「構え」らしい「構え」と言うのはありません。これは「構えないでスッと入ってゆく」という基本コンセプトが新体道にはあってこれを表現しています。

構えは武道においてその流派性というか、その流派が持つ基本的なコンセプト、方向性を表現しているので実はとても大切です。稽古人は構えを大事にしなければいけません。構え方いかんで、その流派が求めるもの、表現するものを自分の物にできるかどうかが決まってしまうほどです。

構えない新体道が、棒術になるとどうして構えるか?

これはもうひとえに「稽古」のためです。だって危ないじゃないですか! 180センチもある長い棒を持った人たちが、あっちこっちで勝手な動きをしたら、怪我人続出です。そんなことになったら道場経営に影響が出ます… そんな裏話はともかく(笑)

この「用意~構え」の一連の流れを身につけるだけで確かに技は上達し、新体道コンセプトのいくつかを身につけられ、なおかつ新体道棒術のダイナミックさを感じることが出来ます。

何より、カッコいいじゃあありませんか! 姿勢も良くなって美容効果抜群! かどうかは知りませんけど(笑)

~稽古内容~
天真柔操(号令・ベアトリス)
広大な空間をイメージする
自由に動いてほぐす
連続前蹴り(座)
反り跳び
瞑想組み手ワカメ体操
同上 交互
同上 集団
「結び~不動立ち・前屈・後屈」基本の立ち方確認
「用意~構え」練習
下段払い
下段払い×下段払い
火の型
風の型


air_rank_20090214141038.gif
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ホームページはこちら
新体道人!
shintaidojin[2]

【滝行賛歌】~天相・12

滝から出ると、皆さんは着替え終わっていた。

待たせてしまった。待っていてくれた。私の体を拭いてくれ、そして温かな飲み物を手渡してくれる。このときの飲み物だが、温かすぎると呑めない。体が冷え、目の前に温かな飲み物があるのに飲めない、そんな笑い話のような出来事が起きる。

ちょうど良い温度、胃の形がまざまざとわかる。

蝶が舞っていた。

この滝場に来る時も多くの蝶を見た。主にはアゲハ蝶だと思うが、いろんな種類がいた。

蝶は死者の魂の化身。そんなことをいう人がいる。その真偽は私にはわからない。そうかもしれない、違うかもしれない。

ただ、滝行を深くされた方から非常に興味深いことを聞いた。彼は非常に冷静な人物であり、滅多に神秘がかったことは言わない。そんな彼が言うのだからさらに興味深い。

滝行が非常に深まった、あるときのこと。滝行後、滝の付近で瞑想していると、巨大な霊団が彼に感謝の波動を向けていたという。ふと彼は直覚したそうだ、先祖などの「自分に連なる存在」だと。私は彼らのために滝行をしていたのだ…と。

自らを浄化し「無」に成ることで、彼らも又浄化される。自分が、自分の肉体という自然性に目覚め帰る時、彼らも彼ら自身になることが出来る。

天地と一つとなり、自らの魂を開花させ、大いに人々と繋がることは、自分のためだけでは無いのだ。

この話の真偽の判断は、いずれかの機会に譲ろう。

滝に礼をし、森の中を帰りながら思い出したことである。


★:*!梅雨の木曽新滝滝行開催のお知らせ!*:☆

6月27日、28日、木曽新滝滝行合宿を行います!
皆さんのご参加をお待ちしております。最高の滝の中で、最高の自分に出会いましょう! なお、一日のみの参加も歓迎いたします。ご相談ください。

○場所 木曽新滝 宿(大又山荘 http://www.ontake.net/)  
○実技 入滝2回(予定)、新体道実技2回
○参加費    初参加 4万円
          経験者 3万5千円

○お申し込み、お問い合わせ 6月20日までに曽根田まで
詳細はホームページをご参照ください!。
http://www.geocities.jp/shintaidojin/
【新体道人】で検索してください!

【三鷹稽古会】ZOO!!

月曜日は三鷹稽古会でした。

今回のテーマは、前回に引き続き「瞑想組み手・光と戯れる」

光と戯れる、ご存知の方は、ご存知の通り(笑)とても楽しい、でもよくよく考えると難しい稽古です。

と言うのも「形」が無い、動きの稽古だからです。「これが絶対に正しい光と戯れるだ!!」とは言い難いところがあります。

声が出たりもします。

うおーとか、どわーとか(笑)

ですから、光を戯れるの稽古風景は、ちょっと新体道のことをご存知な方にはお見せできる代物では無いかも知れませんねぇ(爆笑)

体をくねくねさせて、どわ~とか、うお~とか、時々、きゃ~なんて言って、転がったり、飛び跳ねたり…

稽古風景を描写するとこんな感じですかねぇ

ぐにゃぐにゃ~~~どわ~、うお~、くるくるるる、ごろんごろん、うひゃ~ああ(以上繰り返し)

もうね、新体道動物園(笑)

こんな中に、心身解放の秘訣、武道の極意が詰まっているだなんて想像もつかないだろうなぁと、思う今日この頃です。

~稽古内容~
天真柔操
正立体立ちジャンプ(各部を開くように意識。額→胸→鳩尾→腹)
開放体立ちジャンプ
開脚前進(大)
一人ワカメ
練気組み手6番
天真五相
人差し指×掌追いかけっこ
手取りで同時に動く
光と戯れる+複合組み手
天真五相
天真五相組み手
同上 変化(腕の動きをずらして)
天真五相


air_rank_20090214141038.gif
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ホームページはこちら
新体道人!
shintaidojin[2]

【滝行賛歌】~天相・11

そして私が滝に向かう、一番強いところを目指す。

腕を水平に伸ばす、照世位で水を受ける。天地の間に立つ十字架として。

ゆっくりと手を天へ掌を目一杯に開き、掌底部を思いっきり天へ突き出した。顔は正面を向いたままではあるが、天相である。

その瞬間、滝が消えた。

いや、滝はある、しかし極端に落ちてくる水量が少なくなってしまった、

理解不能

風で滝の芯が動いたわけではない。むしろ足元にはもの凄い落水。諸手を挙げているからと言って、手首同士をくっつけているのではない。頭の上、掌と掌の間には空間がある。

思わず、上を向く。

とその時。強烈な滝の水が私の顔面を叩く。さらに掌を高く上げ、少し腕を狭める。するとまた落ちてくる水の量が減る。

その時、ビジョンがあった。

天から、光の矢が、天来の恵が降りてきている。私達は本当に空っぽになって、お手上げで、万歳、降参してそれを受け入れれば良い。

そう思った時、腕を下ろした。すると降参しているはずの「自分」が、「自分」を主張し始めた。

空っぽとは、空っぽのことだ、99パーセント空っぽでも1パーセント何かあったら、それは空っぽではない。

1パーセントの自分が、一気に増殖する。1パーセントが、100パーセントになるのは一瞬だった。

自分・自分・自分

今回はこれであきらめよう。私は、滝を後にした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
滝行にご参加いただいた皆さんの感想は

MIXIコミュイティー
新体道・東京西地区新体道連盟
滝行感想文集 2009年1月~
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=38518165&comm_id=3443417 からお読みいただけます。

今回の感想は「NO.10」からです。

次回の滝行は…
★:*!梅雨の木曽新滝滝行開催のお知らせ!*:☆

6月27日、28日、木曽新滝滝行合宿を行います!
皆さんのご参加をお待ちしております。最高の滝の中で、最高の自分に出会いましょう! なお、一日のみの参加も歓迎いたします。ご相談ください。

○場所 木曽新滝 宿(大又山荘 http://www.ontake.net/)  
○実技 入滝2回(予定)、新体道実技2回
○参加費    初参加 4万円
          経験者 3万5千円

○お申し込み、お問い合わせ 6月20日までに曽根田まで
詳細はホームページをご参照ください!。
http://www.geocities.jp/shintaidojin/
【新体道人】で検索してください!

【滝行賛歌】~天相・10

妻が滝から出てきた。あっけないほど早い時間で。

「滝行に時間は関係ない。時間の長短ではない」毎回参加する皆さんに伝えながらも、いつの間にか長い入滝を重視するようになってしまった私の価値観を、ばっさりと斬って除ける滝行だった。

思わず、もういいのか? と問うてしまった。

後で聞いたが、普段以上の時間的長さの滝行だと彼女は思っていた。一気に抜け、さらに吹き抜け、そこからさらに吹き抜けた滝行だった。

天相せずして、天相し、無相であり、天相であった。

時間的長短を競う価値観、耐久力を競う価値観、深まり静まりを問う価値観、神秘的体験を賛美する価値観そんなモノから彼女は自由になっていた、その故の時間的な短さだった。

私達は得てして「超人的な何か」を賛美する。超人的な入滝時間。超人的な耐久力。超人的な神体験。超人的な何々。

そんなものが一切無い彼女の滝行は、もしかしたら「何も無い滝行」に見えるかも知れない。

だが、今こそ問う。

そんなモノを欲して何になろうと言うのか?

彼女の滝行は無色透明。まさしく彼女以外無い滝行。何かになろうとするのではない、まさしく彼女は彼女自身であった。

「何も無い」どころでは無い。滝の中、彼女は彼女であることにとって、彼女自身であるために必要な全てを手に入れてしまった。それを手に入れれば、時間など問題ではないのだ。

人は自らに無い物をねだり、なれないものになろうとする。そこに不幸がある。

滝行は自分以外の何かになる作業では無い。

たとえば神、仏、超能力者、悪魔、仙人、世界教師、救世主。そんな自分以外の何かになる作業ではない。むしろ全てを剥ぎ取り、人間的な価値観などと言うものを剥ぎ取り、一切を露わにし、自分自身となる、そのための方法なのだ。

妻に、このことをまざまざと見せ付けられ、教えられた滝行だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
滝行にご参加いただいた皆さんの感想は

MIXIコミュイティー
新体道・東京西地区新体道連盟
滝行感想文集 2009年1月~
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=38518165&comm_id=3443417 からお読みいただけます。

今回の感想は「NO.10」からです。

次回の滝行は…
★:*!梅雨の木曽新滝滝行開催のお知らせ!*:☆

6月27日、28日、木曽新滝滝行合宿を行います!
皆さんのご参加をお待ちしております。最高の滝の中で、最高の自分に出会いましょう! なお、一日のみの参加も歓迎いたします。ご相談ください。

○場所 木曽新滝 宿(大又山荘 http://www.ontake.net/)  
○実技 入滝2回(予定)、新体道実技2回
○参加費    初参加 4万円
          経験者 3万5千円

○お申し込み、お問い合わせ 6月20日までに曽根田まで
詳細はホームページをご参照ください!。
http://www.geocities.jp/shintaidojin/
【新体道人】で検索してください!

【滝行賛歌】~天相・9

妻がやってきた、落ち着いた足取りで。彼女の滝行歴は長い。新体道創始者・青木宏之師の滝行にも参加し、立ち会うこともあった。

かつて、彼女のことを「大地のようなひと」と言う者がいた。

滝に礼をし、岩に腰掛けた。大粒の水が彼女を打つ。何一つ乱れない、何一つ乱さない。

すぐに、水量の多いところに自ら移動した。疑いたくなるほど落ち着いたその様子に、後で訪ねたところ、もう既にこのときには「抜けて」いたという。

滝行である種の「抜け」を体験するまでには、少しばかり時間を要する。これはもう経験や場数では越えられない壁では無いかと私は思い込んでいた。

現にこの滝行システムを創造した青木師をして、「本当は私は滝行に向かない体質」と言わしめるほど、人間が持って生まれた「質」は塗り替えることが難しい

しかし

「滝行も進化する」

岡田師の言葉がまたも耳に響く。

新体道・天真流滝行の10数年の歴史を見てきた彼女の滝行も、進化していた。

妻が「抜け」を体験している頃、先に入っていた女性が滝から出てきた。

一切の重荷を下ろし、輝く自分を取り戻して。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
滝行にご参加いただいた皆さんの感想は

MIXIコミュイティー
新体道・東京西地区新体道連盟
滝行感想文集 2009年1月~
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=38518165&comm_id=3443417 からお読みいただけます。

今回の感想は「NO.10」からです。

次回の滝行は…
★:*!梅雨の木曽新滝滝行開催のお知らせ!*:☆

6月27日、28日、木曽新滝滝行合宿を行います!
皆さんのご参加をお待ちしております。最高の滝の中で、最高の自分に出会いましょう! なお、一日のみの参加も歓迎いたします。ご相談ください。

○場所 木曽新滝 宿(大又山荘 http://www.ontake.net/)  
○実技 入滝2回(予定)、新体道実技2回
○参加費    初参加 4万円
          経験者 3万5千円

○お申し込み、お問い合わせ 6月20日までに曽根田まで
詳細はホームページをご参照ください!。
http://www.geocities.jp/shintaidojin/
【新体道人】で検索してください!

【滝行賛歌】~天相・8


男性が滝から出ると、次の順番待ちをしている女性が手を差し伸べた。そこには純粋に「人」が「人」を慈しむ姿があった。

そして、さらに妻が着替え場所へといざなう。彼女は、滝行後一番脱ぎづらくなる足袋、わらじを彼の足からはずし、また滝場へと戻ってくる。初夏とは言え、冷えがちな一番最後の入滝順序。参加者の介添え。もし、彼女がいなかったら、どれ程この滝行が苦労を強いられただろうか?

妻が男性の着替えを手伝う間、次の入滝者である40歳代の女性が滝へと向かう。

にこやかに滝に向かうや、するりと滝と一体となってしまった。後で聞くところによると「最初2~3秒はきついかしら?」という。

あとは、恍惚の表情である。

信じられない。

「滝行も進化するのだな…」

ポツリと言った、在フィリピンの岡田満道守(新体道最高位)の言葉が蘇る。

彼女は落ちる水の中、腰掛けていた岩の温もりを感じ、足の裏から伝わって来るエネルギーを感じていた。彼女はこの何週間か、極度の貧血と偏頭痛に悩まされていた。しかし滝の水が一気に押し流してしまったようだ。

落ちてくる滝の音を聞き、身体に受ける衝撃を感じながら、重たい荷物を一つ一つ下ろしていく自分を感じていたと言う。

何より滝の中「護られている生かされている事」を知り、感謝していたと言う。

彼女は、私の数分の1にも満たない入滝回数で「天真流滝行」の深み・高みを味わい、その栄光に浴していたのだった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
滝行にご参加いただいた皆さんの感想は

MIXIコミュイティー
新体道・東京西地区新体道連盟
滝行感想文集 2009年1月~
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=38518165&comm_id=3443417 からお読みいただけます。

今回の感想は「NO.10」からです。

次回の滝行は…
★:*!梅雨の木曽新滝滝行開催のお知らせ!*:☆

6月27日、28日、木曽新滝滝行合宿を行います!
皆さんのご参加をお待ちしております。最高の滝の中で、最高の自分に出会いましょう! なお、一日のみの参加も歓迎いたします。ご相談ください。

○場所 木曽新滝 宿(大又山荘 http://www.ontake.net/)  
○実技 入滝2回(予定)、新体道実技2回
○参加費    初参加 4万円
          経験者 3万5千円

○お申し込み、お問い合わせ 6月20日までに曽根田まで
詳細はホームページをご参照ください!。
http://www.geocities.jp/shintaidojin/
【新体道人】で検索してください!

【くにたち稽古会】試験に勝つ新体道 その2!

木曜日はくにたち稽古会でした。

今回も前回に引き続き「試験に勝つ新体道」でした。というのも

「明日最終面接なんです」

とのこと。

これはもう新体道でしょう!!

面接→意志力→目力(めぢから)&今日は剣術

う~ん、と考えること1分。プログラム決定!

まずは天真柔操&腰のストレッチ&親和体操で体を緩めます。大上段スクワットで足腰を活性化したら…

証光!!

重~い新体道制定太刀を使って目標の一点と目線をあわせ、じっと見ます。明日は面接。目力が物をいいます。でも、ぎゅーっと見つめるだけではいけません。

上げ下ろし!!

目標の一点が、天と地を往復します。それを剣先が追いかけるように動き、大きく空間を斬ります。強い目しかし全体を見渡す高く深い視点。目が決まったら

ワカメ体操!!

目力だけでは怖いだけ! ゆるんだ体、柔軟な体が、余裕の受け答えを実現します。そして

剣術四ヶ条その一!!

太刀を大きく振りかぶった相手にぶれずに入る。ぶれずに突く! ぶれない態度が、試験官の心を揺さぶります。全ての準備が整ったら

栄光(正)大上段斬り下ろし!!

前途を切り開く強い意志!

最後の決め手は

金剛合掌瞑想法!!

素手、開眼で行う最高の集中力獲得法!

もうね、これだけやっときゃあ大丈夫。最後にちょっと右肩が下がりがちで、猫背になりがちな彼の姿勢を直して出来上がり!!

がんばって来い!

~稽古内容~
天真柔操
剣を持ってごろごろ
大上段スクワット
証光
上げ下ろし
瞑想組み手ワカメ体操(剣を持って)
同上 交互
同上 集団
剣術四ヶ条その一
栄光(正)大上段斬り下ろし
金剛位瞑想法


air_rank_20090214141038.gif
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ホームページはこちら
新体道人!
shintaidojin[2]

【滝行賛歌】~天相・7

女性が入滝し、安定したところで、50歳代の男性が入滝となる。前回の滝行で大きな気づきを得た彼は、天真五相をして、滝へと向かう。

新体道では金剛印と呼ぶ合掌をしての滝行。

なぜか、腕全体が揺れている。見る限り極端に力んでいるようには見えない。いつもであるなら、こういう動きをする人物は、本人がどう言おうが一度滝から引きずり出す。

ある種の心の病を持つ人には、滝行は「毒」である。残念ながら参加はお断りしている。それと同じ動きをしていた。普段の彼を知っているが、当然そんな病気は持っていない、むしろ社会人として立派な、責任ある行動をする好人物である。今回も、彼のおかげで本当に助かったシーンがいくつもある。

どうやら、肉体に潜んだ何かを解消する動きだったようだ。いったん滝の芯を離れ2度3度と天真五相をすると、ドンドンその動きが小さくなって、今度は体が滝になじんで行くのが、肌の色、筋肉の張り、表情からはっきりとわかる。

激しく落ちる水の中、彼はただただ穏やかだった。

その穏やかさの中、彼は「祝福」を感じていた。全てが全てを祝福する世界に彼は穏やかにたたずんでいた。

その穏やかさを共有してもらうべく、先の女性が出滝するのと交代で、今回3回目となる女性を呼んだ。先にも書いたが、彼女は新体道正指導員であり、女性では数少ない棒術初段である。

有能である。能力があるために、職場では男性からの嫉妬の対象となる。そして忙しすぎる仕事。抱えに抱えたさまざまなこと。これらを乗り越えて、更なる高み、極みを目指しての参加である。

まずは少々水量の少ないところに案内し、岩に腰掛けてもらう。

いつも入滝順序については頭を悩ますが、今回の順序は正解だったと思う。

思考の鋭い彼女が、その鋭さを失うことなく凛と滝の中にたたずんでいる。実に冷静に自分の体を解析し、感じ、しかも滝にも自分の体にも逆らうことなく、ただ佇んでいた。落ちる水が、彼女から余計なさまざまを落としてゆく。

自らの意思で水量の多いところへと進み、水に体を沈める。

その間、先の男性の肌は艶をまし、輝くようだった。大柄とは言えない彼の肉体がまるで滝のエナジーを吸収して巨人となっているかのようだった。

何分経ったろうか?

まずは女性が出てくる、3回目にして、おそらくはそれほど冷えに強くないであろうその肉体で、ここまでの滝行を見せてくれた事に思わず拍手する。

滝から出た彼女を、順番を待っている女性が介助する。私は滝行においてこのお互いが介助しあう姿ほど美しい瞬間は無いと思っている。

そうこうするうち男性が滝から出てきた。彼の穏やかな顔つきは、滝行の成果だろうか? ますます穏やかに、神々しいばかりだった。

彼が見た「祝福」それはまさしく「イノチの賛歌」だった。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
滝行にご参加いただいた皆さんの感想は

MIXIコミュイティー
新体道・東京西地区新体道連盟
滝行感想文集 2009年1月~
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=38518165&comm_id=3443417 からお読みいただけます。

今回の感想は「NO.10」からです。

次回の滝行は…
★:*!梅雨の木曽新滝滝行開催のお知らせ!*:☆

6月27日、28日、木曽新滝滝行合宿を行います!
皆さんのご参加をお待ちしております。最高の滝の中で、最高の自分に出会いましょう! なお、一日のみの参加も歓迎いたします。ご相談ください。

○場所 木曽新滝 宿(大又山荘 http://www.ontake.net/)  
○実技 入滝2回(予定)、新体道実技2回
○参加費    初参加 4万円
          経験者 3万5千円

○お申し込み、お問い合わせ 6月20日までに曽根田まで
詳細はホームページをご参照ください!。
http://www.geocities.jp/shintaidojin/
【新体道人】で検索してください!


【滝行賛歌】~天相・6

滝近くの駐車場に着きそこから歩きである。ゆっくりと森の中を歩く。お互いに荷物を持ち合い、お互いに手を引き、歩調をあわせる。常に「お客様」でいたいタイプの人間は参加しても居づらいだろう。

滝へ着いた、近くのお堂で般若心経を供養する。別にこのお堂に捧げるわけではない。このお堂にシンボライズされる、一帯の自然へ、ひいては参加者へ、そして自分自身へ供養する。小さなお堂の中に神や仏はいない。

天真柔操を始める。ドンドン付近一帯の空気となってゆく。そして儀式。塩で身を清め。酒を捧げ。マントラ、結界作法を行い、般若心経へと高まって行く。

天真五相

栄光

新体道奥義によって儀式は終わる。

継いで入滝となる。

最初は、会社経営の女性である。いつもながらの入滝。一気に滝の芯へ。

女性とは、いくつになっても美しいものだと、滝行の時には必ず感じる。顔のつくり、姿そういうものではない。生命としてである。

美の基本形は女性である。私はそう思う。滝行を通じて本当に強くそう確信する。この既に70歳を越えた女性の入滝姿が、これを教えてくれた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
滝行にご参加いただいた皆さんの感想は

MIXIコミュイティー
新体道・東京西地区新体道連盟
滝行感想文集 2009年1月~
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=38518165&comm_id=3443417 からお読みいただけます。

今回の感想は「NO.10」からです。

次回の滝行は…
★:*!梅雨の木曽新滝滝行開催のお知らせ!*:☆

6月27日、28日、木曽新滝滝行合宿を行います!
皆さんのご参加をお待ちしております。最高の滝の中で、最高の自分に出会いましょう! なお、一日のみの参加も歓迎いたします。ご相談ください。

○場所 木曽新滝 宿(大又山荘 http://www.ontake.net/)  
○実技 入滝2回(予定)、新体道実技2回
○参加費    初参加 4万円
          経験者 3万5千円

○お申し込み、お問い合わせ 6月20日までに曽根田まで
詳細はホームページをご参照ください!。
http://www.geocities.jp/shintaidojin/
【新体道人】で検索してください!


sidetitleプロフィールsidetitle

新体道人

Author:新体道人
ブログ本編はこちら! 
http://ameblo.jp/shintaidojin/         
【新体道人】で検索してください




※新体道とは
武道家・青木宏之によって創始された、真の人間性復興、天地人と自分との一体の境地を獲得するための、武道を超えた、新時代の武道。

★※*…~…*※☆
今年は変革の年なんだそうですねぇ。そう言った波の一つなのかtwitterが大流行! 英語に継いで日本語でのつぶやきが2番目に多いんだそうですよ!

そんなことで、私も初めてみました!

主に、創始者・青木宏之の著書からの抜粋です。武道・体技・滝行・瞑想を深める意味深い言葉が多くありますよ!
(関係ないことも時々つぶやいたりしますが…)

・http://twitter.com/shintaidojin

Follow me!!

●月曜日(新体道武道クラス)
18時~19時(子供クラス)
19時~20時45分(大人クラス)
三鷹・沙羅舎地下 舞遊空間三鷹市下連雀3-1-24
指導・号令 曽根田敦志



●木曜日(健康体操・杖術・剣術クラス)
18時~19時(子供クラス)←新規開講 !!
19時~20時45分(大人クラス)
国立・東地域防災センター国立市東1-13-13
指導・号令 曽根田敦志

※月曜日・木曜日指定の月謝会員の皆様へ。
会場都合、主催者都合でお休みとなった場合、月曜日、木曜日への振り替えが可能です。どうぞお問い合わせください。 

●号令者 
曽根田敦志(新体道正指導員・新体道空手弐段・新体道棒術弐段・高齢者向け新体道講師)
曽根田圭子(新体道正指導員・新体道一般科講師)

●稽古は年齢、性別、経験の有無を問わず誰でも参加できます。
健康法・能力開発に最適です。
天真柔操、心身開発体操、杖体操、栄光、天真五相、瞑想組手、空手などを稽古しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新体道・東京西地区新体道連盟
     ~武道・瞑想・滝行~
曽根田 敦志 SONEDA Atsushi
ホームページです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ブログ本編はこちらです! 
http://ameblo.jp/shintaidojin/         
【新体道人】で検索してください!

滝行参加のみなさんからの感想はmixiコミュニティー
      「新体道・新体道東京西地区新体道連盟」
からもご覧いただけます。
         
 http://mixi.jp/view_community.pl?id=3443417

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新体道
東京西地区新体道連盟
~武道・瞑想・滝行~

shintaidojin#hotmail.co.jp(スパム対策に@を#に変えてあります)
ホームページです。
http://www.geocities.jp/shintaidojin/
【新体道人】で検索してください!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

air_rank_20090214141038.gif
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ホームページはこちら
新体道人!
">shintaidojin[2]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleリンクsidetitle