FC2ブログ

【三鷹稽古会】舞い散る桜の花は

月曜日は三鷹稽古会でした。

今月のテーマは統一基本技組み手です。統一基本技は稽古体系上は、栄光の次にきます。つまり、新体道大基本である栄光という技・型を稽古してからでないと、ちょっと難しい。正確に言うと、栄光を稽古してから、この組み手に入ると理解が深まります。

ですから、今回は体をほぐしたら、栄光(大)そして、そこから集団栄光(大)の斬り合いへと稽古を進めました。

諸手を挙げて、声を出して走る「栄光」

一見奇異ですが、ここに含まれる数々の意味はとても多く、そしてこの栄光は本当に人間の精神を解放する、現代人の意識の深化、進化の最後の鍵と言っても良いかもしれません。

また、それだけでなく武道全般に必要とされる基礎的な体力、呼吸力。剣術に必要とされる「斬り」の力と意志力、刃筋の体得。何より、動き続ける肉体と同時に訪れる精神の平安。などなど、多くの学びがあります。

シンプルでありながらも最上級の武道の稽古であり、そして疾駆する瞑想であると私は考えます。

この栄光で斬り合うのです。自らが一本の大きな剣となって、縦横無尽に斬り続けます。天を斬り、水平線を斬り、大地から天へと斬り抜け、斬り込みます。

全員が自由な方向に、自由に斬り抜けます。斬り続けます。

まるで、桜の花びらがひらひらと舞い散りながら飛び続けるように。

自由です。

でも、桜の花びらがぶつかりあわないがごとく、ひらり、ふわりと舞うようです。

美しく舞いながら駆け抜けます。駆け抜け続けます。

獣のごとき咆哮と共に。

ただ、ただ駆け抜けるのです。

~稽古内容~
天真柔操
基本立ちジャンプ
自由にジャンプor緩める
一人ワカメ
集団栄光(大)
集団栄光(大)の斬り合い
立位瞑想 重心降下法→放光位
栄光(大)組み手 大上段×上段
統一基本技組み手 大上段×上段
不動立ち前進(丁寧に)
ステップ第5則(不動立ち前進で)
同上 (斬り払いながら)
統一基本技組み手 大上段×中段斬り払い
天真五相


air_rank_20090214141038.gif
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ホームページはこちら
新体道人!
shintaidojin[2]

スポンサーサイト



【仙川稽古会】こんな日は外で

日曜日は仙川稽古会でした。

仙川は京王線沿線の町です。甲州街道が通る、歴史もある町ですが、最近はマンションなどが建設ラッシュです。

音楽関係の学校や施設もある、芸術の街です。

この町を一本の川が流れています。その名も

仙川

昭和初期の当時「死の水」と称されるほど劣悪となっていた仙川の水質も、現在は清流と言えるくらいになっていて、カルガモの親子なども見かけます。

この川沿いには公園があって、とても穏やかな雰囲気です。

この日、稽古前は少し曇っていましたが、稽古が始まるころにはお日様が出てきました。ここ最近は、4月としては暖かです。天真柔操をしながら話をしました。

「外で稽古しませんか?」

そして稽古場を片付け、外へ。公園に向かいます。

公園に着くと、のんびりゆったり、天地人呼吸法・大妙第一部を稽古しました。

そして新体道創始者・青木宏之師の瞑想会での講義の内容であった、「自分の心に『美』を蓄積することの重要さ」と「美と一体となるための瞑想法」をお話させて頂きました。

そして、しばしの瞑想と今一度の大妙。

時間が本当にゆっくりゆったり流れ、公園の森に漂う大気に溶け込んだような不思議な時間を皆で共有したのでした。

~稽古内容~
天真柔操
公園へ
大気舞
大妙第一部
講義「美と意識」
瞑想
大妙第一部


air_rank_20090214141038.gif
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ホームページはこちら
新体道人!
shintaidojin[2]




【くにたち稽古会】剣術の腰、空手の腰

木曜日は国立稽古会でした。

ここのところ私の稽古会では、統一基本技の稽古をしています。

この統一基本技は素手で行いますが、剣術のイメージが色濃いものです。

ところで、武道に限らず、体を使う事柄、これが例えば仕事であっても、それぞれに独特の「腰」の使い方があります。

武道家が武道を稽古するときの腰がとても独特なように、鍛冶屋さんは鍛冶屋さんの、治療家は治療家の、料理人は料理人の、写真家は写真家の、独特に発達した「腰」があります。

興味深いのは、ある有名写真家が
「腰が出来ていない奴は写真家になれない」
と言ったり
ある文筆家が
「曰く、『書く』とは腰であり、これが無ければならない」
と言ったりすることがあるのです。

まあこの「腰の概念」と言う奴は、ちょっと複雑怪奇な点もあったりはするんですけど…

つまり、分野によって「腰」と「腰の使い方」が全く違うことがあって、例えば空手と剣術を平行して稽古しているとこの「腰」の使い方でものすごく迷うことがあるのです。

稽古している「空手」と「剣術」がそれぞれに高度な体系を持っていたりすると、その差と言うか、違いはもうのっぴきならないものになってしまいます。

場合によっては、その違いが体の中である種の「矛盾」を引き起こして、どちらもモノにならないなんてことや、果ては「腰」を痛めることすらあります。

新体道はその体系の中に「剣術」も「空手」も持っていますが、栄光、天真五相という二大基本を中心に稽古法が組み立てられているため、そう言った心配はありません。

ですから、空手の突きが速くなれば、剣術の斬り込み、斬り払いが強くなるのです。

今回の稽古では、このあたりを実感していただくための稽古をしました。

「不動立ち前進による中段本突き」、この稽古方法を工夫すると、ものすごく体全体が統一されます。そして突きが速くなります。年齢も体格も関係なく速くなるのです。

この「腰使い」を覚えて、「突き」が速くなったところで「不動立ち前進による中段斬り払い」です。

今までと違う「腰」を実体験していただきました。

「腰」これを工夫すると、誰でも突きが速くなり、剣術が強くなる。これが新体道の稽古なのです。

~稽古内容~
天真柔操
基本立ちジャンプ
ステップ8則
栄光(大)大上段(歩いて)
同上  上段
振り子突き
中段斬り払い
同上(腰に支持を与えて)
栄光(正)大上段斬りこみ
栄光(正)上段斬り込み
統一基本技組み手 大上段×上段
同上       大上段×中段斬り払い


air_rank_20090214141038.gif
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ホームページはこちら
新体道人!
shintaidojin[2]

【ほびっとむら】はじめてを相手に

水曜日はほびっと村稽古会でした。

http://www.nabra.co.jp/hobbit/wc.htm#sint

今回は、新体道初参加と言う方が見えました。

こんな時は私、舌なめずりして喜んじゃうんですねぇ。

「はじめて」と言う人からは、本当に学ぶことがいっぱいあるからなんです。だから、いつでも初心者歓迎です!

特に最近は、統一基本技の組み手を稽古のメインにしています。これはある種、相手の心をいかに読むか? これがとても重要なところです。同じ相手とばかり稽古していると、気をつけないと、ほんとに、ほんとに稽古が腐ってしまうのです。

人にはクセなんてものがありますから、同じ相手とばかり稽古していると相手のクセを覚えてしまうんですね。心を読み取ろうとする必要が無くなってしまうのです。

これでは、稽古は深まっても、幅広くなってもいかない。

同じ人間関係が続くというのは、ある種心地よいですが、それでダメになってゆく要素も多いのですね。

いやぁ、良いですねぇ、初めての人と「ワカメ体操」「親和体操」「統一基本組み手」もうコミュニケーションの学びがたくさんでした。

コミュニケーションの学びは何で大切なのでしょう?

「縁起を知れば心身脱落して悟る」

これはとある禅のお坊さんの言葉ですけど、ざっくりした言い方なんですが「縁起」は現代語で言うところの「関係性」だと思っていただければ良いと思います。

つまり「『関係性』の一つの現れである『人間関係』について本当にわかると、『力が抜けて』、すこ~んって『大きな気付き』があるよ」と言うわけです。

でね、本当に「わかる」には、やっぱり場数が大事だと私思うんです。

ですから!

初心者大歓迎です!

~稽古内容~
天真柔操
基本立ちジャンプ
自由に動く
一人ワカメ
瞑想組み手ワカメ体操
同上 交互ワカメ
栄光(正)大上段斬りこみ
同上    上段斬り込み
統一基本技組み手 大上段×上段

air_rank_20090214141038.gif
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ホームページはこちら
新体道人!
shintaidojin[2]

【三鷹稽古会】払うイメージ、斬り込むイメージ

月曜日は三鷹稽古会でした。

http://www.geocities.jp/shintaidojin/mitaka.html


なんと! 名古屋の方が遊びに来てくださいました。mixiというソーシャルネットワークで知り合ったかたです。こんなご縁もあるものですねぇ。

とっても、感性豊かでありながら、鋭い思考と文章をかかれる方です。

お子さんと、その方の三鷹在住のマイミクさんがご一緒にいらっしゃいました。

最初はご挨拶だけの予定でしたが、稽古に引っ張り込んじゃいました(笑)

天真柔操をご一緒していただいたのですね。一緒に来たお子さんは、音女の子さんでしたけれど、とっても元気で、スカートをひらひらさせながら稽古場を走り回っていました。

珍しいお客さんが帰った後には本稽古です。

今月のテーマは統一基本技の組み手。

最近は私の主催する各稽古場で行っているこの稽古ですが、三鷹で本格的に稽古するのは初めてです。

この稽古は、新体道の成立に大きな影響を与えた剣術の要素がとても強い稽古です。突く、打つ。というイメージではなくて「斬る」イメージです。

この、斬るイメージは「斬り込み」と「斬り払い」というイメージに別けられますが、この二つのイメージは「武道」としての新体道に無くては無くてはならないものです。新体道理論の基柱と言ってもいいくらいです。

このイメージは投げ技はじめ各種の技に展開できます。

これを知っているのといないのとでは、武道としての深みにかけると言ってもいいくらいです。

三鷹稽古会は空手が主体ですけれど、これはやって置かなければいけない稽古だということなのです。

~稽古内容~
天真柔操
連続前蹴り(力を抜いて)
膝抱え込み
不動立ち前進前蹴り
栄光(正)大上段斬りこみ
同上    上段斬り込み
同上    中段斬り払い
同上    下段斬り込み
統一基本技組み手 大上段×上段


air_rank_20090214141038.gif
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ホームページはこちら
新体道人!
shintaidojin[2]




【くにたち稽古会】剣術が知らせるもの

一週間あいてしまいましたが…

木曜日は国立稽古会でした。

http://www.geocities.jp/shintaidojin/kunitachi.html

こちらは、今まで月に一度「杖術」の稽古を取り入れてきましたが、今回は剣術を取り入れました。

新体道は、もともと空手が源流です。

ただ、新体道と一般の空手との違いとして挙げられることに「剣の感覚」「斬りのイメージ」があると言えます。

新体道創始者の青木先生は、お師匠さんの江上茂先生がそうだったように、剣を使った稽古をたくさんして来まして、これが新体道の基本の部分を形作っています。

別な言い方をすると、剣のイメージがつかめないと、新体道の稽古も深まって行きにくいということが言えます。

特に「統一基本技の組み手」と言うのは素手で行いますが、まさしく剣術ですから、「刃物」のイメージが無いとあるのとでは大違いなのです。

でもねぇ、ちょっとこの会場は剣をたか~く振り上げるには、天井が低いんですよねぇ

で、どうするか? 

腰を低くするんです、つまり中腰… 体勢が低くなれば剣は高く振り上げられますから。きついですよねぇ~(笑)

あ! でも稽古に参加した方から
「剣だと視線がとても延びますね! 気持ちよかったです!」
と感想をいただきましたから、

この稽古は成功! なんですね。

~稽古内容~
講義「剣・太刀・打ち刀。新体道正式木刀の特性」
天真柔操
瞑想ジャンプ
瞑想ジャンプの組み手(斬りを意識して)
騎馬立ち、開掌拳による袈裟斬り
ステップ1則~4則
膝行による大上段斬りこみ(木刀)
栄光(正)大上段斬りこみ
同上   上段斬り込み
新体道剣術組太刀 二か条(その二)
栄光(正)大上段斬りこみ
同上   上段斬り込み



air_rank_20090214141038.gif
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ホームページはこちら
新体道人!
shintaidojin[2]


【ほびっとむら】稽古とは知的情報である

水曜日はほびっと村稽古会でした。

http://www.nabra.co.jp/hobbit/wc.htm#sint
ほびっと村の会場には黒板があります。おかげで説明をする時にとても便利に使わせてもらっています。

新体道はまだ? 創始者が生きている!?(笑) 武道です。(御年・73才!)その上、創始者の先生は理論的な事柄の構築や技の開発に熱心ですから、今でも変わり続けているところがあります。

それでも、新体道の稽古の基礎理論の部分はず~っと変化していません。変化する必要がないのですね。具体的な体操や、技なんかはもちろん時代に合わせて変化していますが…

新体道の基礎理論の、中核の部分はとてもシンプルなのですが、そこから発展する基礎理論の部分は、ちょっと分量が多くなりますし、応用の部分に至ると、専門的な時間を作らなければなりません。

この理論と言うのは「知的情報」だと私は思っています。この知的情報にのっとって稽古は組み立てられます。

つまり、「稽古時間とは言外の知的情報を伝える、感じ取る時間」なのですね。

新体道というと、体操や、単なるエクササイズ的なイメージが強くて、そこにどんな「情報」があるのかを理解しづらいようです。

本当はこの情報を「体感」するのが一番なのですが…

ただ、その「情報」を体感するまでにはちょっと時間が要りますからねぇ

「いま、この体操は何を目的としてやっているのかしら?」

こういう疑問を持って稽古するのはいいのですが、これが「疑念」になると、さあ大変! 

新体道なんて!

ということになります。

ですから、ほびっと村稽古会では黒板が活躍するのです。

~稽古内容~
天真柔操
親和体操
地下の無の空間が拡大する瞑想
瞑想ジャンプ(腰を緩めるために)
柔らかく中段斬り払い(ステップ3則)
中段斬り払い(不動立ち前進)
栄光(正)大上段斬り込み
統一基本技組み手 大上段×中段斬り払い


air_rank_20090214141038.gif
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ホームページはこちら
新体道人!
shintaidojin[2]



【本部稽古】突き抜けて、吹き抜けて

火曜日は、NPO新体道本部棒術クラスで号令でした。

新体道の特徴として、「『突き抜ける』と言うことが、技術の上でも、思想の上でも必要になる」そんなところがあります。

ちょっと間違うと単なるアナーキー的な動き・働きになってしまいがちな「突き抜ける」と言うことですが、これは本当に必要なこととして覚えておかなければなりません。

特に現代に生きる日本人にとっては。

打撃系格闘技をやったことのある人なら、この「突き抜ける」と言うことの重要性はたやすくご理解いただけるのではないでしょうか?

こういうイメージを持たないと、特に打撃は技が効きませんから。

新体道ではこの「突き抜ける」というイメージを激しい組み手でも、穏やかな組み手でも持たなければなりません。

もっと言えば、穏やかな組み手の方がこのイメージがより重要性が増します。

穏やかな組み手は、得てして「なあなあ」になりやすく、妙にべたべたした関係を構築しやすいものです。甚だしい場合には妙な誤解から「擬似恋愛」のような感情を持ってしまいます。

これは駄目です。

どこまでも爽やかに、どこまでも明るく組み手を行う。そうするためには「突き抜ける」意識をもって、目の前の稽古相手だけにこだわらないようにします。

そうすると、稽古相手の性別も、年齢も、美醜も、好悪も関係なくなります。目の前にいるのは、「道の友」であり、恋愛も敵対もしません。


現代に生きる我々にとって、本当の意味でお互いの人生を尊重・理解しあえる「道の友」が必要なのではないでしょうか?

道を進み、道を抜けるためには、意識はどこまでも「突き抜けて」、一切の俗から「吹き抜けて」行かなければならないのです。

ですから、今回の稽古では、組み手をメインに、深くコンタクトしながらも「突き抜けて」「吹き抜けて」いただく稽古をしたのでした。

~稽古内容~
天真柔操(号令・ベアトリス)
基本立ちジャンプ
自由にジャンプ⇔緩める
集団ワカメ(緩める→吹き抜けさせる)
集団栄光→天相→証光
そり跳び
棒によるワカメ体操→中心を栄光で斬る、斬られる
上段打ち込み
上段打ち込み×上段打ち込み
練りあい(上段打ち込み)
栄光組み手(上段打ち込み)


air_rank_20090214141038.gif
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ホームページはこちら
新体道人!
shintaidojin[2]

NPO新体道
http://www.shintaido.com/
新体道・東京西地区新体道連盟
http://www.geocities.jp/shintaidojin/

sidetitleプロフィールsidetitle

新体道人

Author:新体道人
ブログ本編はこちら! 
http://ameblo.jp/shintaidojin/         
【新体道人】で検索してください




※新体道とは
武道家・青木宏之によって創始された、真の人間性復興、天地人と自分との一体の境地を獲得するための、武道を超えた、新時代の武道。

★※*…~…*※☆
今年は変革の年なんだそうですねぇ。そう言った波の一つなのかtwitterが大流行! 英語に継いで日本語でのつぶやきが2番目に多いんだそうですよ!

そんなことで、私も初めてみました!

主に、創始者・青木宏之の著書からの抜粋です。武道・体技・滝行・瞑想を深める意味深い言葉が多くありますよ!
(関係ないことも時々つぶやいたりしますが…)

・http://twitter.com/shintaidojin

Follow me!!

●月曜日(新体道武道クラス)
18時~19時(子供クラス)
19時~20時45分(大人クラス)
三鷹・沙羅舎地下 舞遊空間三鷹市下連雀3-1-24
指導・号令 曽根田敦志



●木曜日(健康体操・杖術・剣術クラス)
18時~19時(子供クラス)←新規開講 !!
19時~20時45分(大人クラス)
国立・東地域防災センター国立市東1-13-13
指導・号令 曽根田敦志

※月曜日・木曜日指定の月謝会員の皆様へ。
会場都合、主催者都合でお休みとなった場合、月曜日、木曜日への振り替えが可能です。どうぞお問い合わせください。 

●号令者 
曽根田敦志(新体道正指導員・新体道空手弐段・新体道棒術弐段・高齢者向け新体道講師)
曽根田圭子(新体道正指導員・新体道一般科講師)

●稽古は年齢、性別、経験の有無を問わず誰でも参加できます。
健康法・能力開発に最適です。
天真柔操、心身開発体操、杖体操、栄光、天真五相、瞑想組手、空手などを稽古しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新体道・東京西地区新体道連盟
     ~武道・瞑想・滝行~
曽根田 敦志 SONEDA Atsushi
ホームページです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ブログ本編はこちらです! 
http://ameblo.jp/shintaidojin/         
【新体道人】で検索してください!

滝行参加のみなさんからの感想はmixiコミュニティー
      「新体道・新体道東京西地区新体道連盟」
からもご覧いただけます。
         
 http://mixi.jp/view_community.pl?id=3443417

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新体道
東京西地区新体道連盟
~武道・瞑想・滝行~

shintaidojin#hotmail.co.jp(スパム対策に@を#に変えてあります)
ホームページです。
http://www.geocities.jp/shintaidojin/
【新体道人】で検索してください!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

air_rank_20090214141038.gif
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ホームページはこちら
新体道人!
">shintaidojin[2]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleリンクsidetitle