FC2ブログ

★※*…~阿佐ヶ谷瞑想クラス開講!~…*※☆

★※*…~阿佐ヶ谷瞑想クラス開講!~…*※☆
来年1月より、月2回水曜日(夜7時~)に、杉並区阿佐ヶ谷にて新体道の瞑想法を中心に学ぶ、瞑想クラスを開講いたします。
新体道には、たくさんの効果的な瞑想法があります。 新体道の瞑想法は、武道家としてより強く、より早く、最高の武道を目指した、創始者・青木宏之がまとめ上げた瞑想法です。
tenshingosoa.jpg


☆新体道瞑想の特徴は?
・世界各国の瞑想文化の伝統を踏まえながら、集中力強化法からヒーリング法まで各種瞑想法を体系内に幅広く持ち、忙しい現代人にとって今もっとも必要とされる、リラックス、集中力、癒し、自己実現能力を獲得させてくれます。
「本来人間の体は瞑想するように出来ている」との新体道創始者・青木宏之の発見に基づき、速やかに瞑想状態に入るための体操、指導法が確立されています。 
このクラスの特徴!! チベット密教の法具シンギングボウルを使い、瞑想をさらに深めて行きます!!
081228_223234_20081229062918.jpg


単なる能力開発を超え、全人的な成長を目指す瞑想法を一緒に稽古しましょう!!

概要
開講日時 月2回 水曜 19時~20時45分
一月開講日 14日、21日
参加料 月謝制 5000円 一回参加 3000円 ※1月中はお試し2000円
開講場所 東京都杉並区阿佐ヶ谷南1-35-23 第2横川ビル3階 
http://www.k5.dion.ne.jp/~filing/
指導者 曽根田敦志 新体道本科指導員 新体道空手初段 新体道棒術初段
指導内容 天真柔操、瞑想組み手、大妙、各種呼吸法、瞑想および理論

filingmap.gif



★※*…~音と肉体=Deep Breath 2009 oct 28<肉体が肉体を超越する時、音がこの宇宙の音を超越する触合> ~…*※☆

新体道のメンバーが世界的なドラマー、羽野昌二さんとコラボレートパフォーマンスします!!

1月28日

■会場 渋谷公園通りクラシックス
■出演者 羽野昌二(ds)/大井秀樹 &新体道メンバーズ(Performance)/深水郁(vo,pf)/アユミ(dance)/アミ(vo)/KARAPPO(Sound&Visual,Electronics)
■開場/開演 (開場) 19時00分 (開演) 19時30分
■料金 3,500円  御予約 \2,800

http://www.radio-zipangu.com/koendori/schedule.php?year=2009&month=1

スポンサーサイト



【仙川稽古会】激しくふにゃふにゃ

日曜日は仙川稽古会です。
station_photo.jpg


今回はテーマを「ふにゃふにゃの組み手」でも「激しく」としました。

新体道はもともと若者達の激しい命がけの稽古から生まれました。母体になったのは空手。

特に「突き」において最高の速さ、威力を求めて様々な方法が試されました。人間本来の自然な動きが、最速の突きを生み出すという結論に達した若者たちは、今考えればかなり無茶なこともやったようです。

何日も断食して、ウイスキーを一気に飲んで、ふらふらになって稽古したこともあったようです。

そのせいか、新体道にはまるで酔っ払いのような動きをすることがあり、それが稽古の随所に現れます。
その代表格はワカメ体操。
wakame_convert_20081229062639.jpg

「瞑想組み手」と、名前を冠されるこの組み手は、癒し系にもなれば、本当に激しくも出来ます。

特に交互ワカメ体操は、ちょっと他では見られない速さです。

その理由は?…柔らかさ! チョット見酔っ払いのようなその動きは人間の持つ本来の早さを引き出してくれます。

激しいのですが、恐ろしく「ふにゃふにゃ」です。

その、ふにゃふにゃな激しさは更に深い瞑想へ導いてくれます。

献花位歩行瞑想法。一見腕を固めて差し出しているかに見えるこの形も本当に力を抜いて行うと素晴らしい効果があります。

今回もシンギングボウルを使って見ました。
081228_223234_20081229062918.jpg


夢幻の草原を歩きながら、馥郁(ふくいく)たる香りを想い歩く。この瞑想法に更なる彩(いろどり)を「音」が与えてくれたのでした。
今回は年内最後の稽古でしたので稽古後参加された方の体の調整と、ごく簡単なカラダのケア法をお伝えしました。
それは、操体法。

私は、操体法という体の調整法を行います。操体法は、日本生まれの優れた筋肉~骨格の調整法です。橋本敬三というお医者さんが創案したものです。原理がとてもシンプルなため、比較的早く覚えることができ、しかも大きな効果を上げることが出来ます。しかもとても奥深いものです。
操体法だけで、施術院を経営していらっしゃる方も多いです。

もちろん、骨折なんてものはお医者にかかっていただかなければなりませんが、慢性的な腰痛や首の痛み、コリなどにとてもよいです。また原理」さえわかれば一人でも出来ますから、日常の身体のケア法にうってつけです。

私は、新体道の稽古後に、操体法の施術を受けることをお勧めしています。と言うのも、新体道は、体の感覚を鋭敏にしてくれますから、操体法の「技」が効きやすいんですね。
案の定、腰、首の張りを訴えておられましたが、操体法で解消できたようです。

新体道と操体法、私にとって切っても切り離せなくなってしまいました。
~稽古内容~
天真柔操
親和体操(気を読みあって)
基本立ちジャンプ3種類
自由にジャンプ
四肢振り
無相拳
同上(無相蹴りを加えて自由に)
無相拳の組み手
瞑想組み手ワカメ体操
同上(交互ワカメ)
同上(蹴りを加えて)
十位瞑想法(献花位歩行を重点的に)
天真五相

★※*…~緊急告知・阿佐ヶ谷瞑想クラス開講!~…*※☆

来年1月より、月2回水曜日(夜7時~)に、杉並区阿佐ヶ谷にて新体道の瞑想法を中心に学ぶ、瞑想クラスを開講いたします。

新体道には、多くの効果的な瞑想法がたくさんあります。
新体道の瞑想法は、武道家としてより強く、より早く、最高の武道を目指した、創始者・青木宏之がまとめ上げた瞑想法です。

単なる能力開発を超え、全人的な成長を目指す瞑想法を一緒に稽古しましょう!!

詳細は、近日発表いたします!!

★※*…~音と肉体=Deep Breath 2009 oct 28<肉体が肉体を超越する時、音がこの宇宙の音を超越する触合> ~…*※☆

新体道のメンバーが世界的なドラマー、羽野昌二さんとコラボレートパフォーマンスします!!

1月28日

■会場 渋谷公園通りクラシックス
■出演者 羽野昌二(ds)/大井秀樹 &新体道メンバーズ(Performance)/深水郁(vo,pf)/アユミ(dance)/アミ(vo)/KARAPPO(Sound&Visual,Electronics)
■開場/開演 (開場) 19時00分 (開演) 19時30分
■料金 3,500円  御予約 \2,800

http://www.radio-zipangu.com/koendori/schedule.php?year=2009&month=1

お楽しみに!!

【くにたち稽古会】栄光に戯れ夢幻へ

木曜はくにたち稽古会です。
国立駅前はイルミネーションが綺麗でした。
たくさんの光が舞うように、乱舞するように輝いていました。
081211_171454.jpg


25日は国立稽古会最後の年内最後でした。ここ最近、くにたち稽古会でも「組み手」の回数を増やしています。

「組み手」なんていうと「エイヤ!」とばかりに投げ飛ばしたり、突いたり蹴ったりする稽古を思い浮かべるかもしれませんが、二人組みでのほぐしあいやマッサージも新体道では「組み手」と考えています。
というのも、新体道を稽古してゆくと、武道の組み手で行われる「突いたり、蹴ったり、投げたり、押さえたり」こう言った「技」と、お互いに肩や体を「揉んだり、押したり」する時の「技」には共通点が多くあることがわかるからです。
ですから、今回は体をほぐすためにまず、お互いにマッサージを行いました。この時の意識は「栄光」。

相手の体を通じて、生命の真実を感じ取るのです。
そして、残りのほぐし足りないところを、体の知恵に任せてほぐして行きます。新体道組み手の頂点とも言える「光と戯れる」

型ではありません。カタチではなく動き。動きによって、カラダの叡智が導き出されます。

そのカラダでもう一度、ほぐしあい、心が柔らかくなったところで瞑想です。

今回もシンギングボウルを使って見ました。

081228_223234.jpg

深い海に漂うような音色。倍音が、心を溶かします。
ほぐされた、心身に音が染み込み、夢幻の世界に漂うのでした。


~稽古内容~
天真柔操
掌底開き(開放体正座でエとオ、天相、米字刀法の動き)
天真整体
立ちジャンプ三種
自由にほぐす→一人ワカメ
瞑想組み手光と戯れる
同上 1対4
天真五相
二人組みほぐしあい
無相の瞑想(シンギングボウルを使って)

★~緊急告知・阿佐ヶ谷瞑想クラス開講!~…☆
来年1月より、月2回水曜日(夜7時~)に、杉並区阿佐ヶ谷にて新体道の瞑想法を中心に学ぶ、瞑想クラスを開講いたします。
新体道には、多くの効果的な瞑想法がたくさんあります。
新体道の瞑想法は、武道家としてより強く、より早く、最高の武道を目指した、創始者・青木宏之がまとめ上げた瞑想法です。

単なる能力開発を超え、全人的な成長を目指す瞑想法を一緒に稽古しましょう!!
詳細は、近日発表いたします!!


★~音と肉体=Deep Breath 2009 oct 28<肉体が肉体を超越する時、音がこの宇宙の音を超越する触合> ~☆
新体道のメンバーが世界的なドラマー、羽野昌二さんとコラボレートパフォーマンスします!!

1月28日

■会場 渋谷公園通りクラシックス
■出演者 羽野昌二(ds)/大井秀樹 &新体道メンバーズ(Performance)/深水郁(vo,pf)/アユミ(dance)/アミ(vo)/KARAPPO(Sound&Visual,Electronics)
■開場/開演 (開場) 19時00分 (開演) 19時30分
■料金 3,500円  御予約 \2,800

http://www.radio-zipangu.com/koendori/schedule.php?year=2009&month=1

お楽しみに!!

【ほびっとむら】戦慄すべき旋律

毎週水曜日は、ほびっと村稽古会です。
http://www.nabra.co.jp/hobbit/wc.htm#sint
Nishiogikubo_eki_2.jpg
mapほびっと

人体はいろんな音を発しています。代表的なのは心音、心臓の音ですね。もちろん、その他もう生命現象そのものが音を発していますから、音は生命現象の証明みたいなものかも知れません。

いわゆる武道家の皆さんには受け入れられないかもしれませんが、新体道では稽古のときに、音を利用することもあります。私もかつて、アフリカンドラムやピアノのワルツ曲、世界的なドラマーの羽野昌二さんのドラミングの中、稽古をしたことがあります。 http://www.shojihano.com/ja/新体道で音楽を使う場合、それは単にリズム感をよくするとか、音楽にあわせて体を動かすといったことを目的としているわけではありません。

目的は? 心と体の解放です! 解放? こんなこと書いても「わかりづらい」と言われちゃいますが、まあ「本当に自分らしく生きるためには解放が必要だ」と解釈してください。

でまあ、音です。今回のほびっと村、音を使いました。

音源はシンギングボウル仙川稽古会でも使いました。

この密教法具ですが、ただ「カーン」と鳴らすだけの道具ではありません。

「ヴゥーン」とか「ヲォン・ヲォン」とか非常に神秘的な音がします。そして、意図して出すわけではないのですが、なぜかそこに「旋律」が存在し、「倍音」を作り出します。

新体道には、各種の瞑想法がありますが、この中の動的瞑想法「献花位歩行瞑想法」をこのシンギングボウルの音色の中で行う時、歩くのは稽古場ではなく、夢幻の世界です。
新体道十位瞑想法、その中でも献花位歩行瞑想法とシンギングボウルの相性はこの上ないものです。

ただ横になってシンギングボウルに癒されるのも悪いことではありませんが、自らの足で永遠の世界を踏みしめながら音を心身に通す時、開かれる世界のなんと豊潤なことでしょう。

~稽古内容~
天真柔操
開脚手取りのほぐし
基本立ちジャンプ3種
自由に動いてほぐす
天真五相
瞑想組み手「光と戯れる」
無相の瞑想(横になって)
天真五相
十位瞑想法(献花位歩行瞑想を重点的に)
天真五相
二人組みほぐし

晴れた空★※*…~緊急告知・阿佐ヶ谷瞑想クラス開講!~…*※☆
来年1月より、月2回水曜日(夜7時~)に、杉並区阿佐ヶ谷にて新体道の瞑想法を中心に学ぶ、瞑想クラスを開講いたします。

新体道には、多くの効果的な瞑想法がたくさんあります。
新体道の瞑想法は、武道家としてより強く、より早く、最高の武道を目指した、創始者・青木宏之がまとめ上げた瞑想法です。

単なる能力開発を超え、全人的な成長を目指す瞑想法を一緒に稽古しましょう!!

詳細は、近日発表いたします!!


★※*…~音と肉体=Deep Breath 2009 jan 28<肉体が肉体を超越する時、音がこの宇宙の音を超越する触合> ~…*※☆
新体道のメンバーが世界的なドラマー、羽野昌二さんとコラボレートパフォーマンスします!!

pafo1_20081225112259.jpg
hano_shoji.jpg

■1月28日
■会場 渋谷公園通りクラシックス
■出演者 羽野昌二(ds)/大井秀樹 &新体道メンバーズ(Performance)/深水郁(vo,pf)/アユミ(dance)/アミ(vo)/KARAPPO(Sound&Visual,Electronics)
■開場/開演 (開場) 19時00分 (開演) 19時30分
■料金 3,500円  御予約 \2,800

http://www.radio-zipangu.com/koendori/schedule.php?year=2009&month=1
お楽しみに!!

【三鷹稽古会】永遠へ駆け抜ける時

月曜日は三鷹稽古会です。沙羅舎の地下、舞遊空間をお借りしています。
sarashamap.jpg

こちらは、ダンスのレッスンなどを行うところのため、声を存分に出すことが出来ます。新体道の稽古の最大の特徴である、発声を遠慮することなく行える、ありがたい稽古場所です。

特に栄光という技の稽古は、発声を伴うことにより、最高の効果を望むことが出来ます。

eikotsukikomi.jpg

そんなありがたい稽古場での、今回のお題は
「突きの栄光」


新体道の大基本「栄光」は型であり、またコンセプトでもあります。「栄光の意識」で、駆け抜けること、突き抜けることが重要です。

まずは天真柔操。天真柔操がおわり、体ほぐしがあらかた終わったら、突きによる集団栄光(大)に入りました。光の矢が部屋中を乱舞するかのように、走り、駆け抜けます。

稽古参加者達が走り抜けたいところに、それぞれが同時に走り抜けます。しかし、誰もぶつからない。ただ、ただ、自分の行きたいところに行くのですが、なぜかぶつからない。

でも、ちょっと周囲や、自分に妥協すると…「ど~ん」とぶつかってしまいます。なぜかはわかりませんが、自分の行きたいところに遠慮無しに駆け抜けて行くと、ぶつからない。周囲に遠慮したり、妥協したりすると、ぶつかる…
この精神で、突きを整えるために、騎馬立ちによる突きの基本を行いました。

騎馬立ちで、止まっていながらも、前へ前へと突き抜けます。体は動かなくとも、心は前へ。

「心は前へ」この気持ちで、突きによる瞑想組み手ワカメ体操、相手を通ってさらに駆け抜けて行きます。どんどん駆け抜けて行きます。もっと前へ、もっと前へ!

そこからさらに、集団ワカメ体操でありながら、集団栄光へ、柔らかくなりながら、また更に強い光のように一直線に駆け抜けて行きます。皆、自分の行きたいところに駆け抜けて行きます。

実はこの時、凄いことがおきていました。

行きたいところにただ突きぬいているはずの皆の動きが、一枚の絵のように、調和しているのです! どの瞬間も、皆の動きが、一枚の調和した絵画の様になっているのです!
「人生はただ、行きたいところに行けば良い。それが本当の調和を生み出す。」
このことを目の前で、何者かによって証明されてしまった稽古となった、新体道空手、月曜三鷹稽古会でした。

~稽古内容~
天真柔操
基本立ちジャンプ三種
自由にほぐす
集団ワカメ
集団栄光
騎馬立ち中段本突き
同上 一つの号令で3本
同上 一つの号令で10本
瞑想組み手ワカメ体操(突きによる)
同上 1対3 (栄光の突き×ワカメ)
集団栄光
天相(アの発声)
二人組みほぐしマッサージ

【仙川稽古会】吹き抜けよ!

日曜は仙川稽古会です。
senngawa-eki.jpg

冨沢脳神経外科のリハビリ室をお借りしています。
mapdata.jpg

今日のお題は、「抜ける」

新体道のお稽古を続けていくと、天の方に「抜ける」感覚が起きることがよくあります。これを繰り返していくと、「気付き」がやってきます。

いろんな気づきです。人によって違います。しかも悲しいことに「気づき」を求めて稽古をしても、なかなか「気づき」はやってこないようです。

でも、やるしかない!! やることによってしか進まないわけですから。
天真柔操が終わって、親和体操ですが、これも「抜ける」ための稽古です。ぱっと手を取り二人で天相、お互いに天に抜けあいます。

今日はそのまま栄光(大)!! とは言っても、場所の制約がありますから、チョット小さめですが… でも気持ちが天に「抜けて」いれば、狭くっても、広くても関係ありません。

そして、最後は瞑想組み手「光と戯れる」

形がない、動きの稽古です。心が、動きとなり。動きが、体と心を開きます。

大いに抜けきったところで無相の瞑想

今日は、シンギングボウルを使いました。チベット仏教の儀式や瞑想などで使われるこの不思議なアイテムは、あるときは、鎮め。あるときは高揚させ。人の心の奥深くに食い込みます。

自己を解放させ、そして無限の音に身を任せた時、人は永遠へと駆け抜けて行くのです。
~稽古内容~
天真柔操
親和体操(立気を捉えて、天相を大事に)
栄光(大)
手取りのほぐし(立って)
瞑想組み手光と戯れる
無相の瞑想

【ほびっとむら】天におまかせ

hobitto.jpg
水曜日は、ほびっと村稽古会です。 新体道の稽古ではよく「天に任せるように」なんて言い方をします。それは、心構えの問題でもあり、そのように意識すると体の使い方が整うという側面もあります。

今回は、天にお任せ稽古の典型。「大気舞」を稽古しました。全部を天に明け渡して、前後左右に大きく天の星や、雲を追いかけるように体を舞わせます。大気の中で舞うがごとくです。


深く静まり、大きく開いて、天に伸び上がります。どこまでもどこまでも広く高いイメージで、足元なんか気にしないで舞い上がります。

一端、舞い上がったら全部を天に任せるように舞うだけです。ただただ一心に天を望みます。ほびっと村の稽古会場はそれほど広くないのですが、全員が天に一心に向かうと奇妙な広がりが現れます。全員が天に向かって咲く花のように掌を広げ、伸び上がる様は荘厳です

この大気舞を行う時に「天にお任せ」してしまうと、とても奇妙な陶酔感がやってきます。でも、ものすごく心はクリアです。天に向かっているのに、足元までわかる気がするのです。そしてなぜか、楽しいような、嬉しいような、悲しいような不思議な感覚がやってきます。

この不思議な感覚まできたらしめたもの!

心が解放されて来ているのです。

「天にお任せ」、言うは易し、行なうは難し、でも短時間で可能にしてしまうところが「大気舞」の凄いところなのです。
~稽古内容~
天真柔操
親和体操(立って、気を読み、伸び上がるように)
基本立ちジャンプ(正立→養気→大立ち・自由な方向へ)
一人ワカメ
集団ワカメ
大気舞(一人→組み手→一人)
抱天呼吸法
精神宇宙拡大瞑想法
二人組みほぐし

【三鷹稽古会】気配

sarasya2.jpg

月曜日は三鷹稽古会です。沙羅舎の地下をお借りしています。 今回のお題は「気配」。人間が動く時いわゆる「気」が動くなんていいますが、実はそれよりも先に「意識」が動きます。

新体道は人間の意識と体の関係を研究しています。特に意識の動きについてはチョット独特な研究で、それを役立たせるシステムもきちんとあります。
「突き」を例に意識の動きをちょっと考えて見ます。
突きを使う稽古をするとします。

お互いに礼をして、気持ちを整え無の状態になります。突きの側は「よし突くぞ!」と構え。そして、どか~んと突きを出すのです。

この「よし突くぞ!」の前に、脳が「動け!」と命令を出します。心が「よし突くぞ!」と思う前に「脳~体」が「動け!」と命令を出すのです。新体道ではこれを「立気」と読んでいます。

そして「よし突くぞ」と思う。この思うところを「満気」と呼んでいます。

そして実際に突く「どか~ん」の部分が「発動」です。

整理すると、突くという動作の中にはごく簡単に言って
「立気」「満気」「発動」
と言う段階があるのです。
(新体道創始者・青木先生はこの中にも20くらいの段階があって人間は実際の行動に出るんだと言っています)

もし、この「立気」を捉えることが出来たら、凄いと思いません? だって相手が攻撃しようと思うその時には、攻撃できなくしてしまうんですから。「いっちょやるか!」と思った時には攻撃を抑えている、、、

難しい…

だからこそやるんです! 新体道システムはこれを可能にしてくれます! 稽古のヒントは体の叡智に任せてしまうこと。要はリラックスすることなんです。 力を捨てるといろんなことが「わかって」くるんです。
~稽古内容~
天真柔操
基本立ちジャンプ
無相拳
無相蹴り
手取りジャンプ⇔光と戯れる(体ほぐし)
手取りジャンプ⇔床に転がる
騎馬立ち中段本突き
同上(1回の号令で、2本、3本、10本)
瞑想組み手ワカメ体操
同上(突きにて)
後ろからの突きを背中で受けきる
後ろ組み手
地の型(間合いを広く取って)
太極(大)
二人組みほぐし

【滝行賛歌】~時空・11

全員の入滝が終わり、私の入滝である。

体は冷え切っていた。岩を降り滝へ近づく。落水の中に入る。体がミシミシと音を立てるようだった。

少しずつ、体が慣れてくる。冷たさを感じなくなる。

3分ほど経った頃。足元に「例の空間」がぽっかりと口を空けた。

ただの暗闇。何も無い空間。ただ待つ。追いかけても、追いかけてもたどり着けない。

ただ待つ、そうしていると肉体の感覚が無くなってくる。手がどこにあり、足がどこにあり、胴体がどこにあるのか? 今前を向いているのか、後ろを向いているのか? 

ただ、足元にひろがる空間のみを私は「知っている」

ふと思う、

すべてありとあらゆるものには、全てを包括するように広がり続ける働きがあり、その働きの様は、水に石を落とした時幾重にも広がる波紋のようでもある。

私も、路傍の石も、彼も、野良犬も、漂う空気の分子・原子も本来広がり続けている。関わり合いながら。

我々は空間になろうとしている。一切を包括する空間に。否、既に空間である。

ここまで思ったとき、体が限界の兆候を見せていることに気づいた。ゆっくりと滝を出た。

滝行を終わるための儀式を行う。一切に感謝して。観瀑台に上がった。皆の温かな表情に迎えられて、今回の滝行も事故無く終わったことを実感したのだった。

★※*…~新体道・東京西地区新体道連盟 元旦滝行のお知らせ~…*※☆

1月 1日(元旦) 31日前泊にて滝行


ご参加が決定の場合以下をご記入の上(※印必須)メールでお申し込みをお願いします。

なお滝行で使用いたします、足袋、わらじ(入滝時使用の履物)は個人所有とさせていただきます。
ご入用の方は曽根田までご連絡ください。
新品の足袋(3000円)、わらじ(2000円)です。新品をお分けいたしますので、以後は「マイわらじ」「マイ足袋」としてご使用ください。

,:★:*!神奈川県 丹沢滝行開催のお知らせ!詳細*:☆

1月1日(元旦)初日の出滝行を開催します!
皆さんのご参加をお待ちしております。
一年の計は元旦にあり! 最高の一年のため滝行からスタートしましょう!!

今回は経験者のみの募集です。
○場所 
神奈川県足柄郡「夕日の滝」その他

○休憩宿 
旅館文覚荘
所在地 : 神奈川県足柄上郡山北町平山1180
電 話 : 0465-75-0233 (FAX兼用)

○集合 
文覚荘 31日18時
翌日 元旦11時ごろ解散。(予定)
  
○実技  
入滝1回、新体道実技2回(予定)
     
○参加費   
経験者(滝合宿参加経験あり)2万5千円
上級者(滝合宿参加10回以上)2万円
(参加10回以上の方はご一報ください)
※この料金には以下の料金を含みます
現地移動費、休憩・宿泊宿休憩料及び昼食代、風呂代、滝行時使用薪代、保険費用

○お申し込み、お問い合わせ 曽根田まで
Tel&Fax03-3949-6280 携帯090-9150-5415
最小催行人数2人。定員9人。

※申し込みはお早めにお願いします。最終締め切り12月25(月)
ご参加が決定の場合以下をご記入の上(※印必須)

※氏名、性別、年齢、
※携帯電話等の番号(無ければご自宅)、
※生年月日(保険適用のため)。
※わらじ、足袋(もしくはその代用品)の有無。
新体道滝行での入滝経験。
今回の滝行をご希望の理由、目標。滝行に期待すること。

※参加費のお支払いにつきましては、当日作業の煩雑を避けたいと思います、
できるだけ12月24日(水曜)までに銀行振込でお願いいたします。振込先は参加決定の方にご通知いたします。

★※*…滝の前の食事。…
滝行、意外と知られていないことなんですが、かなりの運動量なんです。「?」と思った方もいらっしゃるかもしれません。でも、実際お腹もすくし、喉も渇きます。著しい場合には、体重だって減るんですよ。

ですから気になるのが空腹。「空腹のまま滝行やって大丈夫かしら?」気にされる方もいらっしゃるでしょう。私の体験から言わせていただければ、極端な空腹での滝行は避けるべきです。

食事の内容については、あまり気にしなくても結構ですが、時間を気にしていただきたいのです。普通運動する直前にはお腹いっぱいにしませんよね。それと同じなんです。断食直後にやった滝行はきつかった~今では笑い話ですけどね(^o^)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新体道・東京西地区新体道連盟
     ~武道・瞑想・滝行~
曽根田 敦志 SONEDA Atsushi

shintaidojin~hotmail.co.jp(スパム対策のため@を~に変えています)
ホームページです。
http://www.geocities.jp/shintaidojin/
【新体道人】で検索してください!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【くにたち稽古会】杖術の意味

木曜日は国立稽古会です。
新体道には稽古内容によって、本科/専科と武道科にわかれます。

本科/専科は「能力開発体技」と言ったらよいでしょうか? 武道の側面は持っていますが、武道そのものではありません。

武道科は本科/専科の方法論、思想はそのままに、新体道をより武道的に応用したもの。と言ったら良いでしょうか? 武道ではありますが、格闘技や、武道競技ではありません。

武道科は、「本科/専科で曖昧になりがちなところを曖昧にしないで、技の効きや方向性といったものをはっきりさせたもの」と言っても良いかもしれません。

武道科には剣術、杖術、棒術、空手、柔術がありますが、特に得物(武器)を使うと、方向性や新体道の特徴であるダイナミックさが際立ちます。

国立では杖術を行っていますが、杖術には大きな特徴があります。それは、剣術の精緻さと棒術のダイナミックさ、空手、柔術のような武道としての肉弾相打つ生々しさなどの全てを、比較的初心者から感じられるところ。また、杖術ならではの柔らかさもあります。

もちろん、それぞれの武道科目にも精緻さも、ダイナミックさも生々しさもあるのですが、全部を一気に感じ取れる稽古が出来るのは、杖術ならではと言ってもよいでしょう。そして、得物を使う一番の利点である「栄光の精神の体感」を狭い部屋でも行えてしまうのは、最大の利点です。

新体道の精神、武道の身使い、出来るだけ早く感じていただきたい!! そう思って、杖術の稽古を月に一度第一木曜日に取り入れているのです。
~稽古内容~
天真柔操
瞑想ジャンプ
持ち替え(肘を伸ばして→重さで揺れて→重さで歩く)
松風打ち(胸を開いて→重さで歩く→大きく空間を感じて)
龍飛
三方受け(突き上げ)
カミカゼアタック
諸手突き
カミカゼアタック(アの発声)
杖による瞑想組み手ワカメ体操(1対1→2対1)
大上段打ち下ろし(アの発声)
杖による証光
ほぐしマッサージ

【デイサ-ビス新体道】脳は死ぬまで…

金曜日は新宿のデイサービスで新体道でした。
今回のお題は、「記憶」。
というのも、先日あるパーティーに出席させていただいた時。友寄英哲(ともよりひであき)先生のとなりの席だったのですね。知ってますか? 友寄先生。

彼は円周率3.1415なんたらかんたらとず~っと続く数列を、4万桁暗唱ギネスブックに載ったこともある方です。その挑戦は50歳を越えてから! 現在76歳! 当然! ノート片手にパーティーそっちのけで、いろいろ質問させて頂きました。

お聞きした話で興味深かったことをいくつか

・イギリスで高齢のタクシーの運転手を対象に統計を取った結果では、記憶力と肉体の衰えは、必ずしも一致しない。

・友寄先生の脳は30歳代の若さ

・友寄先生の脳にも梗塞を起こした箇所が何箇所かある、しかし脳を鍛え続けることにより、別の箇所が代替機能を果たしている。

・脳は鍛え続けることにより、年齢による萎縮は止まり、場合にっては比重が増えるようなこともある。

これらのことは、最近は比較的よく知られるようになって来ましたが、実際に脳生理学やその他の分野の学者さんたちと一緒に研究し続けている方から直接話を聞くと、ぜんぜん違います。裏話も聞けますしね(笑)

とにかく、にこにこしながらお話くださいました。

で、デイサービスです。人間年をとると、「最近忘れやすくなった…」なんて思いがちです。ですから、そんなことはないんです、鍛えれば脳はもっと機能を増やしてくれるんです。なんてことをお話させていただきました。

新体道は能力開発武道です。体を使って能力を開発します。言ってみれば、体全体で脳を活性化するための体技と言っても過言ではありません。
ですから、お稽古自体はいつもと変わりません。体をゆらしたり手をこすったり、えい! と中段本突きをしてみたり。


と、稽古がひとしきりした頃、あるご婦人が
「やっぱり、記憶するって大事よね、頭を使うって大事よね、だから今日は本当に良いこと教えてもらったわ」

「あ~そうですか~よかった~、いろんな体操したり、頭を使ったり、してくださいね~」 と私

「そうなのだから、今日は一つ大事なことを覚えたの」
「え?」
「先生の奥さんの名前は……K子ちゃん!!」


あの~(^^;

~稽古内容~
体上下(正立)
体ゆらし(養気)
体開き(開放)
手こすり
手首振り
大気舞
腕回し
青空体操
首柔軟
胸開き
体側伸ばし
前後屈
体ねじり
猿臂(肘打ち)
中段本突き
上段突き
突き上げ
烈迫(大妙第一部より)
前蹴り(形を整えて→気合)
天真五相

【ほびっとむら】声に乗るもの

水曜日はほびっと村稽古会です。
http://www.nabra.co.jp/hobbit/wc.htm


今日のお題は「号令術」 「え!?」と驚かれた方は、鋭い! 

新体道において「号令術」は「秘中の秘」。指導者のみが学ぶことを許されます。そしてこれを知っているかいないかで、稽古の効果が変わってきます。激変する! と言って良いぐらいです。
ですから、当然難しいところがあります。段階を追わないと出来ないこともありますから、まず基本になるところを体験していただきました。

号令を掛ける人(号令者)が、1~10までの数を数えます。それに合わせて稽古に参加する人が、いろんな動作をします。たとえば「突き」「蹴り」とか。

気分を盛り上げたり、動作を正確にしたり、気分を落ち着けたり、いろんなことが号令によって導き出されるのですけれど、声のトーンや速さを変えたりすると、いろいろに導き出される動きが変わります。

今回重視したのはイメージ。
号令者が明るいイメージで号令を掛けると、動きは軽く、体は楽になり、稽古に参加した人は健康にポジティブになります。

号令者が暗いイメージで号令を掛けると、動きは重く、体はきつくなり稽古に参加した人は気持ちが暗くネガティブになってしまいます。

今回は「号令に気持ちが乗るとどういうことが起きるのか?」を体験してもらうためにいろいろにな事をしていただきました。

明るい号令、暗い号令、テンポが速い号令、遅い号令、転調する号令、各種イメージの号令などなど

そして最後には、全員が全員に号令を掛けあい、全員が全員の号令に反応しあう、全員号令による一人ワカメ体操を行いました。 みんなの号令が相乗効果で、恐ろしいぐらいのエネルギー!!
その時の解放感!! もう言葉に出来ません!!

こうやって、どんな声の掛け方がどんな風に人の心身に影響するのかを体験していただきました。

このときの体験をぜひとも、職場で、家庭で活用してもらいたいものです!!
~稽古内容~
天真柔操
親和体操1対3
不動立ち膝抱え込み
手取りジャンプ(色々な号令を掛け合って)
一人ワカメ体操(円の中央に立って皆の号令を受ける)
全員号令による一人ワカメ体操
天相(アの発声)
正立(重心降下法)
瞑想組み手ワカメ体操(普通→高速→普通)
天真五相
二人組みほぐし
無相位瞑想

【滝行賛歌】~時空・10

最後の方となった。晩秋~冬の滝行は久しぶりとのことだった。前日の入滝も、2日目の入滝もご本人としては納得がいかなかったようだった。

しかし、滝行の2日間において肌の色艶が驚くほど変わっていて、客観的には非常に効果が上がって見えた。帰り際には文覚荘の女将から「(顔に)何か塗ってるの?」と聞かれるほどの色艶であった。

このことは、いくつかの滝行団体が「売り」にしている「デトックス効果」が全くの嘘ではないことを証明してくれた。もっともこのデトックス効果は、この方が得た「気づき」に比べれば、おまけのようなものだが…


人生は、関係性によって成り立っている。人生と言う長い道のりは、この関係性の学びの連続であると言っても過言ではない。

~以下感想より抜粋引用~
「滝行を終えて皆さんと話しているとどんどん視界が広がって明るくなっていくのが感じられました、あーこうゆうのが、力をもらうということなのかなと、強く感じることが出来ました。」

滝行という究極の場は、人間の心~気~体に強い変化をもたらす。これは一人よりも二人、二人よりも多人数での滝行でより強く感じられる。滝行を好むものには「行は一人で行うもの」などといって、グループでの関係を拒否するケースがよくあるが、これは人間として既に欠落したものがあると考えるべきだろう。

他人に無関心であることは、この現代社会において大きな問題である。「行」などということを建前に引きこもったりする者にはこの方のような、人生における重要な気づきは訪れないだろう。

「現場を離れ、デスクワークとなり仕事のつまらなさを、整体、滝行、瞑想の中で堂々巡りさせていたのに気が付きました。整体も滝行、瞑想も本来それ自体が目的ではなく、そこを突き抜けて新たな境地を築くのが目的であると今回改めて気付きました。今後はもっと仕事の面に生かしていきたいと思います。」

行をして気づきを得たら、それを実生活に生かしてゆく、活かしてゆく。これが生活となって、生活での気づきが滝行での経験をポジティブなものにしてくれる。
現代における滝行の意味は、「仕事」「生活」という「行」をより良いもの、より深いものにするところにある。いたずらに回数や時間、厳しい滝行経験を誇るような者に、「自分らしく生きる」ということに必要な気づきが与えられるかどうか疑問だ。

我々の行う滝行は、天真流自由滝行。現代人のための「健康」滝行なのだ。

【三鷹稽古会】親和体操

月曜日は三鷹稽古会です。三鷹駅から近い沙羅舎の地下をお借りしています。
新体道には親和体操という体操があります。座って行う方法、立って行う方法いくつかバージョンがあります。同様のものは合気道のいくつかの会派、その親戚の新英体道にもあるようです。

もともとは武道の技でしたが、それを二人組みで行える体操にしたものと言って良いでしょう。

この親和体操、新体道の技で必要とされる、「栄光の精神」「間の締り」「技の効き」「ステップ」「気の捉え方」などなど、本当にたくさんのことを学ぶことが出来ます。そっくりそのまま「技の稽古」と言っても良いくらいです。
別の言い方をすると「技に発展する親和体操」「技としての親和体操」でなかったら、親和体操自体が無意味なものになりかねません。

ですから、今回の稽古ではまず立って行う親和体操を何回も、何回も行いました。

「はっ」っと手を出した時には、「はっ」と手を握っている、その時にはもう動き出している、二人で充分に「天相」して、柔らかく伸ばしあう。

興味深いもので、親和体操を繰り返していると、だんだん「間の締り」具合がシャンとしてきます。つまり「技」として「効いて」きます。

新体道は準備体操も技の稽古にもなっているのです。
~稽古内容~
天真柔操
親和体操(立って)
自由にジャンプ
両腕振り下ろし
大気舞
天相(アの発声で)
膝行
膝行膝抱え上げ(回し蹴りの要領で)
膝行回し蹴り
回し蹴り
瞑想組み手ワカメ体操
同上 2対1(突き抜けるように)
同上 3対1
2人組ほぐしマッサージ

【滝行賛歌】~時空・9

初参加ながら素晴らしい入滝姿を見せてくれた。
滝に入る前は、緊張からか、肩首に無意識に力が入っていたようだったが完全に力が抜けている。これだけ抜けていると、笑い話のようだがスーツや軍服のようなものは似合わないだろう。それほどみごとな「抜け」だった。
体験の感想を残してくれている、非常に興味深いと思われるので少々の解説を交えて引用する

~以下抜粋引用~
『(1日目の)滝行後は頭がクリアになるのと同時にいろいろなイメージが浮かんでくるので「たぶん今日は寝られないだろうな」と思っていたら、そのとおりになり、身近なことから世界の終わりまで、次から次へと妄想が鮮明な映像で流れて行くので「死ぬ前に見ると言うのはこれかな?」とか、「これを神示と思う人もいるのかな?」などと朝まで楽しんだ。』

※これは滝行では比較的よく見られることで、脳の中の感情や情報が一気に解放されたためにおきたことと言える。特に気にかけるようなことではなく、この方のように淡々と受け流すのが良い対応と思われる。放って置くことによって、脳が勝手に情報を整理し、以前より、感情や記憶が整理されたような感覚を得ることが多い。ことさらにありがたがったり、不安に思わないことだ。

『二日目の早朝滝行では二番目に入ったのだが、一番目に入った女性の滝行の姿がすばらしく、その方の何かしらの影響を受けて入ったためか、滝の水も前日より冷たく感じず、夜の妄想も一瞬にして消えて大変気分よく入ることが出来ました。』

※先にに入滝している人の影響は大きい。今回のように最初の人の入滝が素晴らしいと、特にその影響は大きい。そして滝に慣れるのが早ければ早いほど、「滝の中で」心身の解放が起きる。今回は滝の中で、脳の情報網が混乱から解放され、一気に整理されたと言っても良いだろう。

【滝行賛歌】~時空・8

次の入滝は、鍼灸を仕事にされている方だ。

この方は、ある日ふらりと風のように私の稽古会にやってきた。厚みのある体は、一目で武道経験者を連想させる。しかし、「自称武道経験者」にありがちな、不必要な殺気や、「他流を試してやろう」というような不遜な態度は微塵も感じられなかった。

滝行に興味があるという。話しをしたり、実際に手を合わせた感覚では、武道というよりは「行」に向くといえるのではないかと思った。

とにかく、一般の武道よりはるかに柔らかく、しなやかに体を作っていることは一目瞭然で、私が思う所の、滝行への高い適性を示すいくつかの身体~心理的な特徴を備えていた。

2日目の入滝はどうであろうか? 私には自信があった。「大丈夫」と。
一人目の女性が滝から出ると、入滝となる。
苦しそうな顔をしている。がしかし、これは彼の本領ではない。「抜ける」所までまたなければならない。

2分ほど経った頃。全身の雰囲気が変わり始める。顔からだんだんと全身に。

更に1分ほど。落ち着いてきた、片目を開けてこちらの様子をうかがっているように見えた。私は動かない。

更に1分ほど。表情に柔らかさか出てきた。あと少しで「抜ける」

と思ったとき、彼は「抜けた」

私が思うよりずっと早い。晩秋の滝行、滝行を行うに当たって一つの分岐点と言えるこの季節を、初めての滝行で、乗り越えてしまった。私の想像を超えて、滝と一体となり、その肉体は「本当の自然」を取り戻しつつあった。

彼の肉体に限界の兆候が見え始めた時、彼は自分で滝を後にした。足取りも強く。そしてやわらかく。

初めての滝行で、私が嫉妬してしまうかのようなみごとな入滝姿を見せてくれた、この彼の滝行に関する感想は、驚くべき内容だった…
sidetitleプロフィールsidetitle

新体道人

Author:新体道人
ブログ本編はこちら! 
http://ameblo.jp/shintaidojin/         
【新体道人】で検索してください




※新体道とは
武道家・青木宏之によって創始された、真の人間性復興、天地人と自分との一体の境地を獲得するための、武道を超えた、新時代の武道。

★※*…~…*※☆
今年は変革の年なんだそうですねぇ。そう言った波の一つなのかtwitterが大流行! 英語に継いで日本語でのつぶやきが2番目に多いんだそうですよ!

そんなことで、私も初めてみました!

主に、創始者・青木宏之の著書からの抜粋です。武道・体技・滝行・瞑想を深める意味深い言葉が多くありますよ!
(関係ないことも時々つぶやいたりしますが…)

・http://twitter.com/shintaidojin

Follow me!!

●月曜日(新体道武道クラス)
18時~19時(子供クラス)
19時~20時45分(大人クラス)
三鷹・沙羅舎地下 舞遊空間三鷹市下連雀3-1-24
指導・号令 曽根田敦志



●木曜日(健康体操・杖術・剣術クラス)
18時~19時(子供クラス)←新規開講 !!
19時~20時45分(大人クラス)
国立・東地域防災センター国立市東1-13-13
指導・号令 曽根田敦志

※月曜日・木曜日指定の月謝会員の皆様へ。
会場都合、主催者都合でお休みとなった場合、月曜日、木曜日への振り替えが可能です。どうぞお問い合わせください。 

●号令者 
曽根田敦志(新体道正指導員・新体道空手弐段・新体道棒術弐段・高齢者向け新体道講師)
曽根田圭子(新体道正指導員・新体道一般科講師)

●稽古は年齢、性別、経験の有無を問わず誰でも参加できます。
健康法・能力開発に最適です。
天真柔操、心身開発体操、杖体操、栄光、天真五相、瞑想組手、空手などを稽古しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新体道・東京西地区新体道連盟
     ~武道・瞑想・滝行~
曽根田 敦志 SONEDA Atsushi
ホームページです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ブログ本編はこちらです! 
http://ameblo.jp/shintaidojin/         
【新体道人】で検索してください!

滝行参加のみなさんからの感想はmixiコミュニティー
      「新体道・新体道東京西地区新体道連盟」
からもご覧いただけます。
         
 http://mixi.jp/view_community.pl?id=3443417

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新体道
東京西地区新体道連盟
~武道・瞑想・滝行~

shintaidojin#hotmail.co.jp(スパム対策に@を#に変えてあります)
ホームページです。
http://www.geocities.jp/shintaidojin/
【新体道人】で検索してください!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

air_rank_20090214141038.gif
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ホームページはこちら
新体道人!
">shintaidojin[2]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleリンクsidetitle